>>[3月入塾募集中]個別相談会の詳細はこちら

【決定版】『TopGrade 難関大突破 英文読解問題精選』の使い方とレベル

[推奨]松濤舎の指定問題集です。

『TopGrade 難関大突破 英文読解問題精選』を使った合格実績

松濤舎での合格実績を以下に記載します。

医学部医学科

横浜市立大学、広島大学、金沢大学、新潟大学、浜松医科大学、愛媛大学、大分大学、富山大学、弘前大学、秋田大学、東京慈恵会医科大学、順天堂大学、日本医科大学、国際医療福祉大学、自治医科大学、昭和大学、東京医科大学、東邦大学 など

他学部

大阪大学、名古屋大学、北海道大学、東北大学、神戸大学、千葉大学、筑波大学、東京学芸大学、岩手大学(共同獣医学科)、鳥取大学(共同獣医学科)、慶應義塾大学、早稲田大学 など

関連記事

『TopGrade 難関大突破 英文読解問題精選』で合格できる大学

『TopGrade 難関大突破 英文読解問題精選』を習得すれば偏差値70まで取得可能*です。

(*)ロジック:実際に生徒が到達した習得レベルと合格校の平均偏差値や、全統記述模試で取得した偏差値を比較し、現実的な偏差値を割り出しています。

『TopGrade 難関大突破 英文読解問題精選』で偏差値70が取得可能ということは、河合塾のボーダー偏差値**で、偏差値67.5までの大学が対応可能の目安と考えてください。

(**)ボーダー偏差値は河合塾が発表している値で「昨年、その偏差値を取った人の50%が合格した偏差値」が定義です。科目別では発表されません。パスナビで表示される偏差値も、この河合塾のボーダー偏差値です。

『TopGrade 難関大突破 英文読解問題精選』で取得可能な偏差値

松濤舎では、問題集ごとに独自に習得レベルを定義しており、習得レベルと偏差値の関係まで割り出しています。

レベル11周通読した
レベル25割以上の問題で、解答と同じような和訳が書ける
レベル38割以上の問題で、解答と同じような和訳が書ける偏差値70

『TopGrade 難関大突破 英文読解問題精選』に収録されている問題数

計83問

Chapter問題数
0. 難関を突破するために
1. 英文読解の必須ルール3333
2. 読解のための英文法ルール3333
3. 採点者をうならせる和訳ルール1111
4. 入試問題演習66

『TopGrade 難関大突破 英文読解問題精選』を課題に組み込む

以上のように、「志望校が決まる」⇒「偏差値が決まる」⇒「問題集の習得レベルが決まる」⇒「解くべき問題数が決まる」というロジックが成り立ちます。

松濤舎ではこのロジックをもとに、定量的な課題を作成して、徹底した管理指導を行い、高い合格率を誇っています。

関連記事

『TopGrade 難関大突破 英文読解問題精選』の使い方

頭の中で訳してみる

はじめから手を動かすのは効率的ではありません。まずは問題に目を通し、頭の中で構造が読み取れるか、それぞれの単語の役割がわかっているか、考えます。手を動かして構造解析したいのであればやってもいいですが、必須ではありません。

解説を読む

1分ほど考えたら、下の解説を読みます。自分の考察があっていたか確認しましょう。知らなかったところには線を引き、復習時に目立つようにしておくとよいでしょう。

このように、手を動かさずに頭を動かして1周しましょう。Chapter.3まででOKです。

和訳してみる

Chapter.3の最後(77問目)までいったら、再びChapter.1に戻り、今度は和訳が書けるか確認します。

構造が見抜けていなければ手を動かしても無駄なのですぐに解説を読みましょう。

構造が見抜けたら手を動かし、自然な日本語が書けるかの確認をします。

解答と同じような日本語が書けるまでは×マークを累積していってください。書けるようになったら◯マークを付けます。

8割以上の問題に◯マークがつくまで繰り返す

あとはChapter.1~3を何度も復習します。できるだけ少ない回数の複数で和訳が書けるようにするべく、解説をしっかり読み、ポイントを探すようにしましょう。習得に時間がかかりそうなものは、ルーズリーフや付箋に書いて机やトイレなど普段目にするところに貼っておくと、自然と習得するでしょう。

Chapter.4で仕上げる

Chapter.3まで8割ほど和訳が書けるようになったら、最後にChapter.4の6題に取り組みます。これができなければならないわけではなく大事なのはあくまでもChapter.1~3ですが、やれるようにしましょう。

『TopGrade 難関大突破 英文読解問題精選』の1問にかける時間

15分

『TopGrade 難関大突破 英文読解問題精選』の特徴

『TopGrade 難関大突破 英文読解問題精選』の類書比較①

本書は『基礎 英文解釈の技術100』『英文解釈の技術100』シリーズと紙面づくりは大変似通っています。それでも本書を選ぶ理由は、専門用語がそれほど多くないからです。

『基礎 英文解釈の技術100』『英文解釈の技術100』シリーズは、文法的に厳密な説明をしようとした結果、専門用語が多くなりすぎてしまい、もはや日本語を読み解くことが難しくなっているように感じます。専門用語を覚えていないと英文解釈はできない、厳密な文法知識がないと精読はできない、といった誤った英語観を持ってしまうリスクがあります。

その点、本書は難しい問題を扱いながら、文法の専門用語は最小限に抑えているように思います。構造解析やその図解もされているので迷子になることがありません。

『TopGrade 難関大突破 英文読解問題精選』の類書比較②

他にも有名な精読用問題集に『基礎 英文問題精講』があります。こちらは16年ぶりに改訂版が出版され、音源がついてだいぶ良くなりましたが、構造解析というより「構文探し」がうまくなる問題集という位置づけです。

「使っている文法や構文自体は簡単だが、複数使われており、構造として入り組んでいる」といった英文を読み解く練習には、本書『TopGrade 難関大突破 英文読解問題精選』に軍配が上がります。

『TopGrade 難関大突破 英文読解問題精選』のコンテンツ

構造解析をするだけでなく、どう訳したら採点者から評価されるかについても学べるのが本書の特徴です。

例えば、英語には無生物主語を用いた文章がありますが、無生物主語のまま和訳すると日本語としては不自然になってしまいます。そもそも無生物主語の文を和訳させるということは、ナチュラルな日本語に翻訳するスキルがあるかを見ているため、そのまま訳してはいけません。

こういった、どう訳したらナチュラルかということにも触れてくれているのが本書(Chapter.3)です。

『TopGrade 難関大突破 英文読解問題精選』の「はじめに」

本書のChapter.0で「難関を突破するために」と題し、和訳対策をする際に気をつけるべきこと、和訳の答案づくりでの注意点が書かれています。ここにしっかり目を通すことが学習効率向上に繋がります。簡単に抜粋します。

ポイントを掴む

「出題者はなぜそこに下線を引いたのか?」を考え、ポイントをクリアしていることを採点者に的確に伝える必要がある。

わからない単語を抜かしたり、英語のまま書いたり、カタカナで表記しない

単語の意味がわからないときにやりがちです。模試では部分点がもらえるかもしれませんが、入試では0点になる可能性があると言及してくれています。そもそも、英文を和訳するということ自体、無理のあることをやっているわけです。翻訳家が100人いれば100通りの翻訳が出来上がるように、そもそも言語変換というものは無理やりやっていることなので、わからない単語があっても文脈に合う日本語を入れればマルがもらえる可能性も十分あります。

設問の指示を守る

「itが何を指すか明らかになるように訳しなさい」といった指示に従わなければ0点になる可能性があります。

最後に必ずもう一度見直す

自然な日本語になっているかのチェックだけでなく、誤字脱字をはじめとした普段しないようなミスを本番ではしている可能性があるので、見直す癖をつけましょう。

【決定版】英語の勉強方法と年間スケジュール

難関大受験生向けに、英語の勉強方法と年間スケジュールをまとめました。参考にしてみてください。

【決定版】英語の完全攻略法