>>[残席僅か]6月入塾の個別相談会はこちら

【決定版】青チャート(『チャート式基礎からの数学』)の使い方とレベル

[推奨]松濤舎の指定問題集です。

 

 

目次

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)で取得可能な偏差値

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)だけで偏差値70まで取得可能です。

*全統記述模試(河合塾)の偏差値

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)を使った合格実績

松濤舎での合格実績を以下に記載します。

・医学部医学科

大阪大学、横浜市立大学、筑波大学、広島大学、金沢大学、新潟大学、熊本大学、岐阜大学、浜松医科大学、鳥取大学、愛媛大学、大分大学、高知大学、富山大学、弘前大学、秋田大学、東京慈恵会医科大学、順天堂大学、日本医科大学、国際医療福祉大学、自治医科大学、昭和大学、東京医科大学、東邦大学、日本大学、聖マリアンナ医科大学、東海大学、東京女子医科大学、埼玉医科大学 など

・他学部

東京大学、京都大学、大阪大学、名古屋大学、北海道大学、東北大学、神戸大学、千葉大学、筑波大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、東京理科大学、MARCH など

※代替可能な問題集を使った合格実績も含む。

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)の習得レベル(松濤舎の定義)

レベル1コンパス1,2個例題8割以上手を止めずに解ける
レベル2コンパス1,2個練習8割以上手を止めずに解ける:偏差値55
レベル3コンパス3個例題8割以上手を止めずに解ける
レベル4コンパス3個練習8割以上手を止めずに解ける:偏差値65
レベル5コンパス4,5個例題8割以上手を止めずに解ける
レベル6コンパス4,5個練習8割以上手を止めずに解ける:偏差値67.5
レベル7Exercise5割以上手を止めずに解ける
レベル8Exercise8割以上手を止めずに解ける:偏差値70

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)の使い方

例題を解く

まずは例題が解けるかトライします。

解き方がわからなければ、すぐに×マーク(=復習すべきの意味)をつけ、解説を読みましょう。新しい解き方や考え方を増やすために解いています。知識がない状態でウンウン考えているのは効率が悪いので、すぐに解説を読みましょう。

解説を読む際は「どんな知識があったら解けたか?」を探すようにしてください。解説をただ漫然と読んで頭に入れようとしても定着率が悪いです。「〜という式(文言)があったら、〜をする」というIF-THENの形で入れていくと応用性が高まります。解説の重要だと思う箇所はマルで囲ったり、マーカーで線を引いたり、自分の手で書き込むようにしましょう。

解説を読んだ後、自分で解けるか確認する必要はありません。短期的にできたところで意味がないですし、解説を丸写しするだけの時間になることも多いからです。

また、例題をやったあと下の練習に入り、解けるようになっているか確認するため、例題の解説を読んだあとに例題を解き直すことはやめましょう。

注意:1周目で解けなくてもまったく気にしない

1周目はほとんどの問題ができないはずです。これは東大合格者も同じなので気にしないでください。

そもそも新しい解き方を身につけるために勉強しているので、1周目から解けなくて当たり前です

注意:「この問題」ではなく「 この手の問題」を解くための知識を身につけよう

この問題」を解くための知識ではなく「この手の問題」を解くための知識を入れましょう。

「この問題」を解くための知識になってしまうと、応用性が低く、丸暗記に近くなってしまい定着しにくいです。

1つの問題を通して応用性の高い知識を見つけ出すことは難易度が高いですが、間違っていてもいいので「この手の問題が出たらこう解いたらいいのでは?」と、自分なりに攻略法を見つける姿勢を持ちましょう。

練習を解く

例題のあとは、すぐ下の練習に移ります。例題で身につけるべき知識が本当に身についているかを確認するためです。

例題が解けなくても、練習は解ける場合の方が多いです。なぜなら、練習とほぼ同じ問題であり、例題で解法を(短期記憶であっても)覚えているからです。練習が解けたら◯マーク(=復習しなくていい意味)をつけましょう。

こうして、例題には×マークがつき、練習には◯マークがつく問題が多いはずです。そういった問題は、復習時は例題だけやればOKなので、復習効率がとても高くなります。

マークに関する注意点(3つ)

学習効率を高めるためには「解ける問題になるべく時間をかけない」ことがポイントです。そのために◯×マークを付けていく必要があります。その際の注意点は2つあります。

注意点1)マークは累積していってください。×がたくさんついたあとに◯がついた問題は、解けた問題の中でも優先度高く復習すべき問題であることがわかります。消して上書きすることのないようにご注意ください。

注意点2)できた問題に◯をつけない、あるいはできなかった問題に×をつけない、ということをする人がいます。そうすると何回やったのか、何回目でできたのかがわからなくなってしまうので、シンプルに「できたら◯、できなかったら×」を機械的につけるようにしてください。

注意点3)◯×マークをつけるのは3日以上あけて復習した場合に限る、というルールにしましょう。3日未満の復習で◯×をつけてしまうと◯×に対する信頼感が薄れ、全問題を復習する羽目になってしまいます。厳格なルール運用をすると決めてしまうことがもっともラクです。

上記を繰り返す

上記のように「例題⇒練習」の順で進めていきます。

長期記憶するためには分散学習がベースとなりますので、既習範囲を頭から最後までをやり、再び頭に戻ってくるというサイクルで勉強してください。

ただし、数学は有意味暗記できる科目ですので、関連する問題に戻ったりすることは随時行ってOKです。ただ、短期的に復習した場合、それで解けたとしても◯マークはつけないようにしてください。

◯マークは、時間を置いてからでも解けた(=長期記憶になっている可能性が高い)を意味するマークにしたいからです

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)を進める順番について

数1A⇒数2BC⇒数3の順に進め、再び数1Aに戻るようにしましょう。すると、復習間隔が最大限に空き、自動的に分散学習にもなります。数学は積み上げの科目なので、この順で進めることを原則としたほうがいいです。

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)1問にかける時間

1テーマ30分(※1テーマ=1例題+1練習)

解ける問題であれば1テーマ30分以上かかるのは時間がかかりすぎです。”瞬殺”できる状態をゴールとすれば、30分以内で解き終わるはずです。逆に解けなかった問題に1テーマ30分以上かけるのも時間をかけすぎています。解説を読んで30分経ってもわからないものは、それ以上時間をかけてもわかるようにはならないので、次の周回に回しましょう。何度か繰り返している過程で解けるようになります。

なお、1テーマ30分というのはあくまでも平均値です。数3Cの重い問題では1テーマ30分以上かかることがあります。また、1周目はどうしても30分以上かかることもあるでしょう。2周目、3周目・・・なども含めた平均なので、1周目で30分を超えてしまっても許容ではあります。しかし、1時間以上はかけすぎですので、1テーマ1時間未満に留めるようにしましょう。

・Exercise:1問20分

入試問題でも大問1つで25分ほどの時間配分が妥当です。よって、20分以内に解きましょう。

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)の特徴

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)の特徴①|問題選定が秀逸

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)は問題選定が非常にいいです。他の教科書傍用問題集と比べると難しい問題まで扱っていますが、「確かにこの問題は触れておきたい」というものがだいたい網羅されています。

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)の特徴②|偏差値70まで取得可能

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)だけで偏差値70まで取得可能です。よって、8割以上の国公立医学部、9割以上の私立医学部の合格者の平均偏差値を超えます。

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)さえ高い習得レベルにしておけば、基本的にどんな大学にも対応可能です。

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)の欠点

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)の欠点①|数A分野がわかりづらい

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)に限らず、フォーカスゴールドやレジェンドでも同じなのですが、教科書傍用問題集は「良く出題される典型問題を網羅すること」をミッションとして作られています。

これは数1,2,3とは非常に相性がいいのですが、数Aのように地道に洗い出す姿勢実験思考こそが重要な分野では、パターン暗記をすることが却って問題への取り組み方を誤らせる危険性があります。本来であれば、地道に洗い出す作業が必要なのに、公式などを使ってスマートに答えが出せると思ってしまい、結果的に入試問題に対応できなくなるのです。

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)の欠点②|抽象化した解法が載っていない

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)のような教科書傍用問題集はどうしても「この問題を解くための解法」の暗記に走りがちです。確かにそれはそれで重要なのですが、より抽象化した「この手の問題を解くための解法」を身につけなければ、暗記量が膨大になってしまい大変な上に、応用も効きにくくなります。

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)の欠点③|解説がややわかりづらい

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)はフォーカスゴールドやレジェンドと比べて、解説がわかりづらいというのが欠点としてあります。問題選定もやや難しく、解説がわかりづらいため、類書と比べて習得に時間がかかるというのが欠点です。

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)のための松濤舎オリジナル補助教材

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)の欠点を補うべく、松濤舎では補助教材を用意しています。

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)の補助教材①(塾生限定)

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)のオリジナル解説を作成しており、「解法の抽象化」「解答の補足」「よくある質問」などを掲載しています。

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)の補助教材②|樹形図の森(一般販売あり)

数Aの中でも特に「場合の数・確率」は入試で頻出であり、最後まで苦手分野として残りがちです。

しかし、実は「樹形図」を使った解き方をマスターすることで8割以上の問題を、確実に解くことができるようになります。

そこで、共通テスト・センター試験の過去27カ年分をすべて網羅し、樹形図で解いた場合の考え方・解答を載せた補助教材を作成しました。本書のおかげで「場合の数・確率」が得意分野となり、大問1つ完答できるようになった生徒が非常に多いです。

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)の難易度(レベル)

・コンパス1,2問題

コンパス1,2は、難関大学ではそのまま入試には出ない計算問題・基本問題ですが、あらゆる問題の構成元となるので、必ず瞬殺(すぐに手が出る&手を止めずに完答)できるようにしてください。

なお、コンパス1,2の問題は『サクシード』『4STEP』『4プロセス』(いずれも数研出版)と同レベルであり、これだけできるようになっても偏差値55しか出ず、いわゆる難関大には合格しません。

あくまでも青チャート(『チャート式基礎からの数学』)のコンパス3~5が解けるようになるための下地であることを念頭に置き進めましょう。

・コンパス3~5問題

コンパス3~5の問題は典型問題です。

典型問題は、解き方を覚え、出題されたら瞬殺できるようにしておく必要があります。そもそも解法を知らなければ解けない問題が多いですし、その場で考えていては時間が足りなくなるからです。

コンパス3の問題が青チャート(『チャート式基礎からの数学』)の約3−4割を占めます。レベル的にもコンパス1,2の問題から一段上がるため、コンパス3個の問題に取り組むところに、もっとも時間がかかります。

コンパス3個の問題が青チャート(『チャート式基礎からの数学』)の登竜門であることを認識しながら進めましょう。

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)のExerciseについて

コンパス5の問題まで終わり、志望校のボーダー偏差値が67.5以上の場合は、Exerciseに入りましょう。先述の通り、Exerciseまで習得することで偏差値70が取得可能です。

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)のExerciseの欠点

ただしExerciseには欠点があります。それは問題数が多いということで、実に800問弱の問題が掲載されています。

このうち、ほぼ例題と同じでやる必要がない問題や、応用性が低く良問とは言えないような問題も含まれています。そこで、松濤舎ではExerciseのうち、やって意味がある問題だけをピックアップした結果、約100問ほどになりました(※塾生にのみ限定公開

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)の章末問題以降は不要

「章末問題」以降、は問題数が少なく、難易度も本番で解く必要のないレベルなので、やらなくてよいです。

これらの難易度の問題を解きたいのであれば、『スタンダード演習』をやりましょう。

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)で学習する際の注意点

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)の注意点①|集中学習しない

間隔を置かずに複数回繰り返す勉強を集中学習と言いますが、集中学習は記憶の長期記憶に寄与しないことが科学的にわかっています。

必ず時間を置いて複数回する勉強である分散学習をするようにしてください

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)の問題に取り組む際の、優先順位は以下となります。

1)未着手問題
2)一度も解けていない問題
3)何度かやったあと解けた問題
4)初めから解けた問題

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)の注意点②|解けない問題に時間をかけない

もっとも無駄な時間は「解ける問題を解いている時間」です。忘れてしまったんじゃないかと不安になり、できる問題を短期スパンで復習するという勉強は絶対にしないよう注意してください。

どのみち、受験生の11月以降になると、メインの勉強が「新しい解法の習得」から「知っている解法の復習とスムーズな運用・忘却を避けるためのメンテナンス」に切り替えます

だからこそ、それまでは一度できた問題の復習は模試前だけに留めましょう

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)の注意点③|解説をよく読む

解説をよく読み、解き方や考え方を理解しましょう。ただ解き方の手順を暗記するだけでは意味がありません。

各章最初の「まとめ」には教科書的な内容が書かれており、頭に入りづらいので飛ばして良いです。用語の定義がわからない場合に読みましょう。

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)の前にやること

ありません。

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)には教科書レベルの計算問題・基本問題も掲載されており、教科書レベルから確認できるようになっています。問題数も必要十分です。

たとえば『4ステップ』や『4プロセス』などの計算問題集が学校の課題として出されるから前にやったほうがいいと思うかもしれませんが、これらの問題集では過度に計算問題をさせて非効率です。計算問題・基本問題をいくら繰り返したところで偏差値55までしか出ません。

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)に載っているコンパス1,2問題(=計算問題・基本問題)で十分で、速やかにコンパス3問題に入り、典型問題の解法定着にできるだけ多くの時間を使ったほうがいいです。

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)の次にやること

難関大学だったとしても、大半の大学は青チャート(『チャート式基礎からの数学』)だけで十分で、過去問演習に入ることができます。しかし、最難関大学を目指す人、難関大学で数学で高得点を狙う人、高1,2からしっかり取り組み時間に余裕がある人は、『スタンダード演習』シリーズに入りましょう。

8割以上解ける状態になれば偏差値72.5まで取得可能です。

スタンダード演習シリーズ

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)と代替可能な問題集

レジェンドは教科書傍用問題集の中では比較的難易度の低い問題を掲載していないという特徴があります。ただし、「チャレンジ」「Let’s Try!」「PERFECT MASTER」までやれば青チャート(『チャート式基礎からの数学』)のコンパス5までやったことと同じになります。

解説が丁寧で必要十分な問題にだけあたれるという点で、青チャート(『チャート式基礎からの数学』)と同じかそれ以上の推奨度で本書はオススメできます。

『Focus Gold(フォーカスゴールド)』は掲載問題のレベルや解説のわかりやすさから、教科書傍用問題集の中でもっとも推奨度が高いです。

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)使用前に知っておくべきこと

①数学は「典型問題が網羅的に解けるようになっていること」が最も重要

数学で最も重要なのは、典型問題の解法を網羅的に習得することです。

理由は、数学の問題はすべて典型問題に帰着できるからです。

典型問題の解き方がわからなければ、複合問題を解けるはずがありません。逆に、典型問題に還元できない問題は他の人も予め対策できないため、正答率が著しく下がります。つまり捨て問にして良いのです。

もう1つの理由は、典型問題で失点しないことが必須だからです。大学受験は相対評価なので、周りが解ける問題で落とさないことが鉄則です。

また、限られた試験時間内で合格最低点以上の問題を解く必要があるので、典型問題をその場で考えていては、いくら時間があっても足りません。瞬殺できるよう、あらかじめできるようにしておく必要があります。

②網羅系問題集を解くことの副次的効果

網羅的に勉強すると、他の問題との相違点や類似点がわかるため、当該テーマの理解が飛躍的に高まるという副次的な効果もあります。

難問だけを少数集めた問題集が多く出版されていますが、そのような問題集だけやっても十分な知識は身につきません。青チャート(『チャート式基礎からの数学』)で網羅的に知識を入れるようにしてください。

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)をやったあとであれば、いくらでも問題集を積み上げていくことができるようになります。

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)に入る前に読むべき記事

解法暗記というと、ただ回数をこなしながら漠然と解説を暗記しようとする人が9割以上です。問題集を使った効率的な知識習得法を下記にまとめたので参考にしてみてください。

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)に関するQ&A

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)は難しすぎますか?
青チャート(『チャート式基礎からの数学』)には教科書レベルの計算問題や基本問題が掲載されています。また、青チャート(『チャート式基礎からの数学』)の5割を占めるのがコンパス1,2問題(=計算問題・基本問題)です。そのため全く難しいことはありません。
青チャート(『チャート式基礎からの数学』)より『基礎問題精講』のほうがいいですか?
『基礎問題精講』だけでは偏差値55までしか取得できません。それなら、青チャート(『チャート式基礎からの数学』)のコンパス1,2問題(=偏差値55まで取得可能で、『基礎問題精講』に相当する)をやり、成績に応じてコンパス3問題に入るほうを推奨します。
青チャート(『チャート式基礎からの数学』)だけで医学部にいけますか?
はい。青チャート(『チャート式基礎からの数学』)だけで偏差値70まで取得可能なので、8割以上の国公立医学部、9割以上の私立医学部の合格者平均偏差値を上回ります。青チャート(『チャート式基礎からの数学』)より難しい問題集に手を出すと、入試本番で「解くor捨てる」の判断ができなくなり、解かなくていい問題に手を出してしまうというリスクもあるため、注意が必要です。

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)の目次と問題数

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)数学1

合計C1C2C3C4C5
1. 数と式42920850
2. 集合と命題1847700
3. 2次関数708262691
4. 図形と計量403191530
5. データの分析1553610
※「C」は「Compassコンパス」の意味です

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)数学A

合計C1C2C3C4C5
1. 場合の数353131540
2. 確率282121211
3. 図形の性質390201810
4. 整数の性質424141590

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)数学2

合計C1C2C3C4C5
1. 式と証明333161130
2. 複素数と方程式353151241
3. 図形と方程式584301851
4. 三角関数367131060
5. 指数関数と対数関数25115630
6. 微分法381161452
7. 積分法261111130
※「C」は「Compassコンパス」の意味です

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)数学B

合計C1C2C3C4C5
1. 平面上のベクトル414171640
2. 空間のベクトル436161650
3. 数列5741923101
4. 確率分布と統計的な推測28613621
※「C」は「Compassコンパス」の意味です

青チャート(『チャート式基礎からの数学』)数学3

合計C1C2C3C4C5
1. 複素数平面447716131
2. 式と曲線426151380
3. 関数1416520
4. 極限411201730
5. 微分法2128830
6. 微分法の応用463211660
7. 積分法4622010140
8. 積分法の応用3911214102
※「C」は「Compassコンパス」の意味です

【決定版】数学の勉強方法と年間スケジュール

数学の勉強方法と年間スケジュールをまとめました。参考にしてみてください