>>[無料]松濤舎の合同説明会、開催中!

松濤舎オリジナル教材『共通テスト国語教材リミット』

共通テストの国語対策、市販教材に理想の参考書がない・・・

市販されている国語対策本は、基本的には次のようなものです。

・木を見て森を見ずになるような読み方指南本・・・逆説があったら△を書く、など
・柔軟性に書ける読み方指南本・・・対比などの文章構造を探す、など
・後付け解説本・・・初見の問題に応用が効かない解説をしている、など
・ブラックボックス解説の本・・・解説が飛躍しており、どうしてそう考えるかわからない、など

このように、共通テスト対策のみならず、国語の解説本で理想的なものは存在しませんでした。

そんな中、とある編集者さんから相談を受け、まずは松濤舎オリジナルで作った共通テスト対策本が『リミット』です。

限られた対策時間の中、限られた手法で、国語が解けるようになる本

『共通テスト国語対策 リミット』と命名したのは、限られた時間で国語対策を効率的に終わらせられる対策本で、しかも限られた考え方・解き方で、安定して得点できるようになる教材だからです。

共通テスト国語で確実に150点取るための教材

市販の教材は満点取らせるための解説が書かれていますが、そもそも満点取る必要はありません。

タイトな時間、当日のアンコントローラブルな難易度を踏まえれば、150点を固く取る方が重要です。実際、99%の受験生にとって共通テストの国語で150点取れれば万々歳です。

もちろん、150点を固く取る方法なので、うまくいけば160点、170点も十分可能です。

現代文|読み方を習得しよう

現代文は、知識がほぼ不要です。正しい読み方を身につけ、その読み方を素早く正確に遂行するトレーニングをすれば対策完了です。

正しい読み方を、理屈を添えて伝授するのが『共通テスト国語対策 リミット』です。

ちなみに、評論文と小説では、読み方・解き方はまったく異なります。

古文|単語・文法を覚えたら、読み方を習得しよう

古文はまず、単語・文法を覚えなければ話が進みません。

さらに正しい読み方を知った上で、素早く処理していくトレーニングを積むのですが、ここがなかなかうまくいきません。時間内に選択肢を吟味するのが困難な小問もあり、小説は30点取れれば十分です。

古文は30点とるための読み方・解き方を伝授します。

漢文|句法・漢字を覚えたら、あとは解くだけ

漢文は種も仕掛けもありません。句法と漢字を覚えたら、あとは単に読んで解いていくだけ。

『漢文早覚え即答法』(学研プラス)という教材を使えば40点は固く取れるようになります。

以上から、国語で150点が固く取れるようになるのです。

価格

価格:3,300円(税込み|PDF販売)

お問い合わせフォーム

※サンプル希望の方も以下からお問い合わせください。