>>[無料]松濤舎の合同説明会、開催中!

松濤舎の最難関大学向け指導について

東大理Ⅲ、京大医、阪大医、医科歯科、慶應医を目指すなら

東大理Ⅲ、京大医、阪大医、医科歯科、慶應医をを最難関大学と呼ぶとします。これらの大学を受験する生徒が毎年いますが、どのように指導しているかを簡単にご紹介します。一人でも多くの優秀な生徒さんに松濤舎の門をくぐってもらえたらと思います。

状態ゴールを明確にする

もっとも重要なのは「状態ゴール」を明確にすることです。どんな状態になっていたらよいかが明確になれば、優秀層はその状態に向かって一気に進めることができます。

①習得すべき問題集・過去問

最終的に自力で解けるようになっておくべき問題集、過去問があります。市販の問題集だけでなく、模試の過去問、本番の過去問は何年分解けるようになっているべきか、といったものがあります。

②冠模試の順位は定員以内

原則、冠模試では定員以内の順位を取る必要があると考えてください。特に現役生は後半伸びますが、それでも定員以内の順位が取れないといけないと考え、そこから逆算して計画的に進める必要があります。

順位が足りなかった場合、定員以内に入るためにはどの科目で何点必要だったのかを振り返らなければなりません。

採点は非常にテキトウですが、同じ採点基準のもとでの順位なので、やはり一定気にする必要があります。

③各科目の目標得点・時間配分・解き方

各科目の得意・不得意に寄る部分もありますが、例年の合格最低点や問題難易度から、各科目でだいたい何点ずつ取る必要があるかはほぼ確定します。また、時間配分も合格者にとっての”当たり前”がありますし、問題形式もほぼ固まっているので解き方についても”正解”があります。

最終的に、これらが固まっている状態にしなければなりません。

複数の合格者によるアドバイス

習得すべき問題集や各科目の解き方などもそうですが、複数の合格者からのアドバイスが非常に役に立ちます。一人で勉強していては収集できない情報、進学校でなければ得られない情報が、松濤舎ではサポートスタッフの協力のもと、たくさん集めることができます。

難問サポート

最難関大学を目指す生徒の場合、解説の内容自体がわからないことはありません。しかし、難問になるほど、

  • 解くべき問題なのか? 捨てていい問題なのか?
  • その解法は、どういう知識があれば思いつくのか?
  • この問題から、どのような応用性のある学びが得られるか?

といった疑問が湧いてきます。これらを自分ひとりで解決することは非常に困難です。

理Ⅲ、京大医、阪大医、慶應医のサポートスタッフから助言をもらい、難問を通してさらなる飛躍を遂げる必要があります。

寸暇を惜しんで取り組むのみ

松濤舎の理Ⅲサポートスタッフは「市販されている問題集を全部やったら理Ⅲ入れると思っていた」と言っていました。最終的には、地頭の良い生徒同士の努力勝負となります。やるべきことに寸暇を惜しんで取り組めば、最難関大学への合格は可能なのです。

お問い合わせフォーム