>>[速報]聖マリ・女子医、推薦入試合格!

受験の原理

大学受験には原理原則が存在します。
松濤舎では以下の原理原則に基づき指導を行っています。

1)合格最低点から逆算する

大学受験では、合格最低点を0.01点でも上回れば合格します。すべてはここから逆算して組み立てていかなければなりません。この合格最低点は総合点で決まるため、時間という限られたリソースを最適配分し、総合点を最大化するのが大学受験です。

2)記述模試の偏差値を指標に

合格最低点から逆算して組み立てる際、中間指標として全統記述模試(河合塾)を用いましょう。全統記述模試は出題レベルと受験者層が適切だからです。高1,2生で年4回、受験生は年3回の受験を推奨します。

河合塾は、大学ごとにボーダー偏差値を発表しています。ボーダー偏差値とは、昨の受験生が50%合格し、50%不合格だった偏差値と定義されており、2.5刻みで設定されています。学部によって異なりますが、東大は偏差値70~67.5、京大で偏差値65~62.5、医学部医学科で偏差値67.5~62.5、早慶で偏差値65~60といった感じになっています。

3)問題集の習得レベルを上げる

全統模試の偏差値を上げるためには問題集を習得しましょう。なぜなら偏差値と「問題集の習得レベル」の間には強い相関があるからです。

習得レベルとは、松濤舎が各問題集に独自に定義したものです。偏差値と習得レベルが紐付いていると、問題集がどれくらいの習得レベルになったら志望校のボーダー偏差値を超えるかがわかり、問題集にフォーカスできるようになります。

上記の1)2)3)から、合格最低点を上回るためにはボーダー偏差値を超えればよく、そのためには問題集を一定の習得レベルにすればいいという、シンプルなロジックが見えてきますね。

こうして、目の前の問題集を習得することが、志望校合格に繋がる指導を行っているのが松濤舎です。この「松濤舎メソッド」で、毎年多くの難関大合格者を輩出しています。

4)教科書範囲を最優先に

問題集を徹底することが学習の中心になるので、問題集の選定が非常に重要です。

その際、大学受験は教科書の範囲外から出題されないことが最大の拘束条件となります。特に、国公立大学は教科書範囲を超える出題はされないよう作られており、私立大学でも教科書範囲を徹底すれば合格ラインは超えます(慶應法学部など除く)。

実際、難関大現役合格者の多くが、教科書範囲の徹底がもっとも重要だったと回答しています。

5)典型問題を網羅する

とはいえ、教科書だけやっていればいいわけではありません。典型問題という”頻出な良問”が事前に解けるようになっておかねばならないのです。

入試問題は典型問題の組み合わせで作られていますが、試験時間内に典型問題の解法を思いつくのは難しいのです。また、大学受験は相対評価で合否が決まるため、他人が解ける問題で落とさないために、典型問題を網羅的に解いておくことが非常に有効な戦略なのです。

そのため、松濤舎では典型問題の網羅系問題集を指定教材として多く採用しています。「少ない難問が載った問題集」を推奨する人もいますが、ほとんどの人が上滑りし、全く成績が伸びないまま無為に時間を過ごしているという事実を知ってください。

▼松濤舎の指定教材

>【理系向け】指定教材一覧(ボトムアップ問題集)
>【理系向け】指定教材一覧(トップダウン問題集)

>【文系向け】指定教材一覧(ボトムアップ問題集)
>【文系向け】指定教材一覧(トップダウン問題集)

>【決定版】定番問題集を盲目的に使う問題点

6)知識量に目を向ける

受験において「応用力」「計算力」といった◯◯力という言葉が多用されますが、松濤舎では一切使いません。漠然とした◯◯力を得ようすると、無意識で非効率的な学習に陥ってしまいます。塾や予備校が◯◯力という言葉を使っていたら、それは情報の非対称性を利用した不安商材を売りつけるための常套句だと思ってください。

英語であれば語彙という知識、数理は解法という知識、社会は史実という知識が求められています。ケアレスミス一つとっても、どういう時にどういうミスをしやすいというIF-THENの経験則で対処するしかありません。

松濤舎では、知識量に着目し、成績を確実に伸ばす指導を行っています。典型問題を網羅的に解けるようにするのも知識量に目を向けている証拠です。

>【決定版】「知識量」が合格可能性を規定する
>【決定版】松濤舎の暗記指導
>【決定版】英単語の超効率的な覚え方

7)演習中心で効率的な知識習得

知識の習得には問題演習が効率的であることが科学的にわかっています。実際に、東大・京大・医学部に現役合格した学生は、8割以上の勉強時間を演習に充てていたと回答しています。人から何かを習うのは学校の授業で十分で、残り時間は演習して効率的に知識を定着させていくのです。

そもそも授業を聴いても、どんな切り口で、どのように出題され、何に注意しなければならないかは問題を解かなければわからないわけです。理解とは、問題ありきの概念です。結局、問題演習を通じてしか理解したり入試が解けるようにはなりません。可能な限り問題演習に時間を割くのは、当然の帰結なのです。

>【決定版】問題集の正しい使い方
>【決定版】問題演習の注意点

成績は勉強時間×学習効率で決まるため、いくら効率を上げても、母数である勉強時間が少なければ成績は上がりません。勉強時間を増やすことも勉強の一つです。

>【決定版】1日でも早く受験勉強を開始すべきこれだけの理由
>【決定版】勉強時間を増やす簡単な方法と、それより大事なこと
>【決定版】モチベーションに左右されず勉強する方法
>【決定版】勉強を習慣づける「年間カレンダー丸つけ法」

8)GOAL, WHY, WHAT, HOWを明確に

独学では、どうしても客観的・戦略的に計画が立てられないものです。第三者がロジカルに立てた課題を軸に進めたほうが無駄なく合格ラインを超えることができます。

松濤舎では、志望校のボーダー偏差値から逆算し、各問題集で目指すべき習得レベルを提示します。そこから、どの問題集をどう勉強し、なぜそうすべきなのかを明確に伝えています。つまり、GOAL, WHY, WHAT, HOWを明確にし、ロジカルにやるべき課題を示します

>【決定版】英語の勉強方法とスケジュール
>【決定版】数学の勉強方法とスケジュール
>【決定版】化学の勉強方法とスケジュール
>【決定版】生物の勉強方法とスケジュール
>【決定版】物理の勉強方法とスケジュール
>【決定版】国語の勉強方法とスケジュール(センターのみ)
>【決定版】国語の勉強方法とスケジュール(2次対策含む)

9)入試情報の重要性を強く認識

松濤舎では、入試情報の重要性を強く認識しており、最新の入試情報を収集しています。9割以上の高校は、マンパワーが原因で入試情報の収集を満足に行えていません。ほとんどの予備校も、出願校決めはせず、授業を履修させたら終わりというところが多いです。お金にならないからです。

しかし、大学受験は情報戦の様相を呈しており、入試情報一つで合否が大きく変わるようになっています。国公立大学では自己推薦型選抜(=旧AO入試)、学校推薦型選抜の枠が増え、一般選抜より入りやすい傾向にあります。私立大学は、今や推薦枠が定員の50%以上あり、推薦枠も含めて出願を考えることが必須の時代となっています。松濤舎は学習指導のみならず、推薦選抜へのエントリーも推奨し、面接・小論文の指導もしています。

10)難関大現役合格者の当たり前を徹底する

以上のような情報や勉強法は、難関大現役合格者にとっては当たり前のものです。松濤舎では、難関大現役合格者の”当たり前”をスタンダードとして提示し、徹底する指導を行っています。

最高の学習環境を、松濤舎で手に入れてください。

>【決定版】難関大現役合格者の「当たり前」に合わせた指導とは?
>【決定版】難関大現役合格者が求める「理想の環境」とは?

お問い合わせフォーム