【インタビュー記事】第2回共通テストはどう対策すべき?(詳細はこちら)

松濤舎は、医学部・難関大専門「問題演習中心の塾」です。

現在、全国の高校生・浪人生の約80名が松濤舎で学んでいます。

<生徒の在籍/出身校一覧>
【東京】桜蔭、麻布、女子学院、早稲田、駒場東邦、城北、桐朋、戸山、巣鴨、本郷、都立国際、芝、暁星、成城、東洋英和、高輪学園、国学院久我山、駒場学園、聖ドミニコ学園、日本女子大附属、昭和女子大学附属昭和【関東】市川、千葉日本大学第一、和光、城北埼玉、川越東、頴明館、神奈川総合【関西】洛南、北野、西大和学園、立命館【東海・中国・四国】滝、刈谷、西尾、岡山白陵、愛光【北陸】金大附属、泉丘、星陵、富山中部、片山学園【甲信越・東北・北海道】新潟明訓、日本文理、秋田 など

合格実績(2021年度)

学力による入塾審査は行っていません。

▼医学部医学科

東京医科歯科大学 医学部医学科:1名
秋田大学 医学部医学科:1名

東京慈恵会医科大学 医学部医学科:1名
日本医科大学 医学部医学科:2名(特待1名)
昭和大学 医学部医学科:2名(特待1名)
東邦大学 医学部医学科:1名
日本大学 医学部医学科:1名

▼旧帝大・早慶上理

早稲田大学 政治経済学部:1名
東京理科大学 薬学部:1名(特待1名)
東京理科大学 理工学部:2名

▼MARCH・関関同立・その他

明治大学 統合数理学部:1名
青山学院大学 教育人間科学部:1名
青山学院大学 国際政治経済学部:1名
立教大学 経済学部:1名
立教大学 文学部:1名
法政大学 文学部:1名
法政大学 生命科学部:1名
立命館大学 生命科学部:1名
群馬大学 理工学部:1名
長崎大学 工学部:1名 など

<合格体験記> ※随時追加

東京医科歯科大学 医学部医学科(1浪)
秋田大学 医学部医学科(現役)

日本大学 医学部医学科(2浪)

合格実績(2020年度)

▼東大・京大・一橋・東工大

京都大学 文学部:1名

▼医学部医学科

広島大学 医学部医学科:1名
金沢大学 医学部医学科:1名
富山大学 医学部医学科:2名

東京医科大学 医学部医学科:1名
東邦大学 医学部医学科:1名
聖マリアンナ医科大学 医学部医学科:1名
東海大学 医学部医学科:1名
埼玉医科大学 医学部医学科:1名

▼旧帝大・早慶上理

大阪大学 工学部:1名
大阪大学 理学部:1名
慶應義塾大学 環境情報学部:1名

東京理科大学 理工学部:1名
東京理科大学 理学部:1名

▼MARCH・関関同立・その他国公立

青山学院大学 文学部:1名
立教大学 理学部:1名
立命館大学 国際関係学部:1名 など

松濤舎の特徴

数百人を指導してきた代表が直接指導します。医学部専門予備校の設立/運営を経て独立。スタッフも問題演習中心の学習をした難関大生のみで構成しています。

<スタッフ在籍大学>
東京大学、京都大学、一橋大学、東京工業大学、慶應義塾大学、早稲田大学 など

<スタッフ出身高校>
開成、筑波大学附属駒場、筑波大学附属、渋谷教育学園幕張、三鷹中等教育学校、西、海城、国立、武蔵、聖光学院、灘、神戸女学院、天王寺、堀川 など

***

通塾生には対面で質問対応。メールでの質問も24時間可能。通信コースは、メールでの質問(写真含む)のみとなりますが、参考書の執筆経験を活かしたわかりやすい解説をお送りしています。

<地方の在籍/出身校一覧>
【関西】洛南、北野、西大和学園、立命館【東海・中国・四国】滝、刈谷、西尾、岡山白陵、愛光【北陸】金大附属、泉丘、星陵、富山中部、片山学園【甲信越・東北・北海道】新潟明訓、日本文理、秋田 など

***

市販問題集には「わかりにくい箇所の解説」「よくある質問」「類題テスト」などの補助教材をご用意。問題集が最短で習得できるようになっています。

***

勉強法の指導からメンタルケアまで、「問題演習中心の学習」に必要なすべてのフォローアップを実施。通信コースでは、週1回の電話を通してサポートするので、遠方の方でも安心して受講いただけます。

***

難関大合格者の8割以上が、複数の自習場所を確保しています。教室はコロナ対策も実施済み。

***

理由を添えて課題を送るため、迷いなく勉強に没頭できます。

<課題例>

▼数学(2時間)
・FG1A:1,2,4,6章の星3個問題までが対象、全150テーマ(1テーマ=1例題+1練習)1日4問、1問30分、1日2時間

▼英語(1.5時間)
・シス単:1日120語、1単語15秒、1日30分
・Vintage:1,2章の既習範囲が対象。1日10問、1問3分、1日30分
・FACTBOOK:辞書として使用する。
・速読英熟語:1日1長文、1長文30分、1日30分

etc…

***

出願校決めは、合否を大きく左右します。大手予備校では行っていない手厚いサポートが受けられます。

センター試験の点数的に国公立医学部は絶望的だったが、富山大学医学部は、

・2018年のセンター最低得点率が82%で可能性が残されていた
・得意な理科の配点が比較的高い(=数学200点:理科300点:英語200点)
・得意な英語が医学部専用問題(=全学部共通問題は簡単で差がつかない)
・やや苦手な数学はFocus Goldレベルの典型問題しか出題されない

といった特徴から出願し、富山大学医学部に現役合格

英語はIELTSのスコア7.5(CEFR C1)あったが、指導開始時点の高3で国語と社会はまったく手つかずだった。

志望している私立英語系学部から「英語のみで受験できる大学」に絞り、個別試験対策(和訳,英作文等)をしながら志望理由書をブラッシュアップ。

結果、青山学院大学文学部に現役合格

コース/月謝(税込)

特徴1)全科目指導

合否は総合点で決まるため、月謝内で全科目一括指導します。短期講習等による追加料金も一切ありません。

特徴2)入塾時のまま固定

入塾時の月謝のまま変わりません。早期に「問題演習中心の学習」に切り替えましょう。

通塾コース

・入塾金55,000円
・高1入塾44,000円
・高2入塾66,000円
・高3入塾88,000円
・浪人生55,000~110,000円

>>月謝が半額になる優待制度はこちら

通信コース

入塾金33,000円
・指導料33,000円

「問題演習中心」の有効性

学習科学という学術分野では、「どのように学習するのがもっとも効率的か?」について研究されていますが、想起学習がもっとも有効な学習法の一つであることがわかっています。この想起学習こそ問題演習中心の学習のことで、実際に難関大合格者の多くが問題演習中心の勉強をしています。

松濤舎では、問題演習中心の学習指導に多くのノウハウを持っており、必要なすべてのサポートを行っています。

足りないサポートがあれば遠慮なくおっしゃってください。

校舎案内

JR渋谷駅から徒歩5分(宮益坂上すぐ)

※事前連絡なくお越しいただいてもご対応しかねますのでご了承ください。パンフレット等の用意も御座いません。

入塾までの流れ

お問い合わせ

お問い合わせフォームから必要項目を記入し、送信ください。

入塾面談(約15分)

判断軸は次の2つのみです。成績による入塾審査は行っていません。

1. 滞りなく学習ができそうか?
 ・十分に勉強時間を割くことができる状態にあるか
 ・問題集を自力で進められる最低限の学力があるか
 ・自主的に塾を選んだか

2. 志望校が難関大学に該当するか?
 ・MARCH、関関同立に相当する以上の大学を志望しているか

入塾案内

入塾契約書等をお送りします。入金が確認でき次第、指導開始となります。

お問合せはこちら