松濤舎とは

松濤舎は「難関大専門・問題演習中心の塾」です。

参考書・勉強法本を20冊以上出版した代表が運営しています。

出版書籍はこちら 出版書籍はこちら

松濤舎の特徴

集団講義なし。問題演習中心で最大効率の学習を

集団講義は無駄が多く、非効率なので一切行っていません。

大学受験は「限られた時間の中で、合格に必要な知識を身につける競争」です。

効率的に必要な知識を暗記するための、指導ノウハウを構築しています。

教材選び・入試情報に精通

20冊以上の参考書執筆の経験と、各出版社と連携していることから、教材選びと使い方の細かい指導、入試情報の収集に強みがあります。

当ホームページでも発信しているので日常学習にもお役立てください。

【難関大学受験生向け】指定問題集と使い方・習得レベル 【難関大学受験生向け】指定問題集と使い方・習得レベル

東大理Ⅲ・理Ⅱ・慶応医学部に合格したスタッフが在籍

東大理Ⅲ・理Ⅱ、慶応医学部など、最難関大学に合格したスタッフ・アンバサダーが在籍しており、合格者の実経験を元にした指導を受けることができます

最難関大学合格者が使っていた問題集、実際に効果のあった勉強方法をお伝えします。

松濤舎で、最難関大学合格者の「当たり前」に触れてください。

難関大学合格者が求める「理想の学習環境」とは? 難関大学合格者が求める「理想の学習環境」とは?

迷いなく勉強でき、成績が飛躍的に上がる指導

松濤舎は、受験の仕組みを指導することから始めます。

受験の仕組みを知らずに勉強するのは、ルールを知らずに勝負で勝とうとしていることと同じだからです。

問題集の細かい使い方指導や、1日単位・問題数単位の学習計画にまで落とし込み、迷いなく勉強できるようにしています。

受験の原理 受験の原理

指導内容

課題を「1日にやるべき問題数単位」で作成

松濤舎では、迷いなく勉強してもらうために、もっとも細かい粒度である「1日にやるべき問題数単位」で課題作成しています。

「次の模試までの計画」「年間計画」も作成していますので、長期的な見通しを持って勉強することができます。

「進捗管理シート」で学習状況を詳細に把握

生徒には「進捗管理シート」を更新してもらい、問題集がどれくらい習得できているか章単位で把握しています。

「進捗管理シート」を見れば、模試の偏差値も精度高く予想することができます。それくらい生徒の学習状況を正確に把握することが可能です。

また、「進捗管理シート」は、生徒自身が自分の知識量を可視化するツールにもなります。自己調整学習がしやすくなり、学習効率が格段に上がります

【松濤舎の指導】進捗管理シートの見方・使い方 【松濤舎の指導】進捗管理シートの見方・使い方

模試の指導

模試は学力を客観的に測定できる唯一の機会です。

模試が終わったらすぐに自己採点し、問題と解答を持参してもらいます。模試の出来から学力を把握し、カリキュラム調整勉強方法のフィードバックを行っています。

【松濤舎の指導】模試の活用方法 【松濤舎の指導】模試の活用方法

週1回の通塾が必須(通塾コース)

通塾コースは週1回の通塾を必須としています。

面談では、生徒の学習状況の把握を徹底的に行っています

問題集を開いて勉強方法や答案の確認をしたり、模試の自己採点をもとに失点原因のヒアリングをするなど、対面でしかできない状況把握を行います。

面談後には「自分のことをよく知ってもらっている」と安心し、迷いなく勉強できる状態になってもらいます。

※週何回かの強制的な通塾は移動時間の無駄です。実際に最難関大学に合格したスタッフの大半が「自宅や図書館での学習がメインだった」と回答しています。家や近所の図書館、必要であれば月2万円ほどの有料自習室を借りるなどし、近場で済ますことを推奨します。

【松濤舎の指導】面談時に行っていること 【松濤舎の指導】面談時に行っていること

定期テスト指導

現役生の場合、年間14日×5回=70日を定期テスト対策に使いますので、定期テスト対策指導は、難関大学に現役合格するために必須です。

そもそも、定期テストに向けて既習範囲を徹底して勉強することは、高校生にとって最も重要です。

松濤舎では、定期テスト10日前から学校指定の問題集中心の学習に切り替えてもらいます。

定期テストとは「学校指定の問題集のみやればいいもの」でなく、あくまでも「該当範囲を一度高い習得レベルまでもっていくためのペースメーカー」なので、松濤舎の指定問題集も使いテスト勉強します。

定期テストを最大活用する方法 定期テストを最大活用する方法

進路相談・出願校決め

入試情報の収集と、個別最適な出願校決めを行います。

質問・相談窓口

問題集に関する質問に対し、執筆経験を活かしたわかりやすい解説をお送りしています。

松濤舎の提供価値

学習状況の徹底把握

「進捗管理シート」「面談」「模試・定期テストの把握」により、生徒の学力状況を徹底的に把握します。

「自分のことをとてもよく知ってもらった上で、課題を作ってもらっている」と強く納得した上で、問題集に集中することができます。

迷いなく勉強に集中できる

「受験の仕組みの指導」「問題集の詳細な使い方指導」「1日にやるべき問題数単位の課題」「入試情報の提供、戦略立て、スケジュール作成」によって、生徒は迷いなく問題演習することができます。

校舎案内

松濤舎|渋谷校

・東京メトロ  渋谷駅3a出口:徒歩5分
・京王井の頭線 神泉駅北口:徒歩7分

※事前連絡なくお越しいただいてもご対応出来かねますのでご了承ください。パンフレット等のご用意も御座いません。

月謝(税別)

通塾コース

入塾金:5万円
高校1年生:4万円
高校2年生:6万円
高校3年生:8万円
浪人生/再受験生:10万円

通塾コースのみ、河合塾の全統模試で偏差値70以上を獲得した現役生は、その月以降の月謝を半額とする優待制度を設けています。

優待制度の詳細はこちら 優待制度の詳細はこちら

通信コース

入塾金:無料
指導料:3万円

※短期講習等による追加料金は一切ありません。市販の教材購入費と模試の受験費用は、各自負担いただきます。

2019年度受講生募集中

現在20名限定で新規生徒を募集しています。
※個別指導のため、入塾は随時受付しています。
※定員に達し次第締め切らせていただきます。あらかじめご了承ください。

お問い合わせはこちら

入塾までの流れ

STEP.1
お問い合わせ
お問い合わせフォームから必要項目を記入し、面談の希望をお送りください。
STEP.2
日程調整
面談が可能な日時を調整させていただきます。面談時間は約30分で、生徒の参加は必須ですが、保護者様の同席は任意です。保護者様のみの面談は実施しておりません。枠数に限りがあり、年中に募集を止めることがあります。
STEP.3
入塾面接
入塾時の成績による審査は行っていません。判断軸は以下となります。

  • 滞りなく学習ができそうか(=十分に勉強時間を割くことができる状態にあるか、問題集を自力で進められる最低限の学力があるか等)
  • モチベーション高く学習が継続できる/する意欲があるか(=進学意欲が高いか、自発的に塾を選んだか等)
STEP.4
合格通知
入塾面談を通過された方には合格通知メールをお送りします。
STEP.5
資料共有と指導開始
必要な資料を共有し、指導開始となります。