>>[残席僅か]6月入塾の個別相談会はこちら

【合格体験記】香川大学 医学部医学科(2浪・男性)

▼入塾時期

2浪の4月に入塾されました。

成績

※塾生のみ公開

▼合格校

香川大学 医学部医学科

▼使っていた参考書/問題集

数学

青チャート1A,2B,3
新数学スタンダード演習
数学3スタンダード演習

英語

システム英単語(カード)
VENN4000
英文法・語法 Vintage
Rise1~4
速単シリーズ(入門編/熟語/必修編)
和文英訳教本

化学

宇宙一わかりやすい高校化学(理論/無機/有機)
エクセル化学
良問問題集
分野別マスター(松濤舎オリジナル教材)

物理

良問の風
名問の森

国語

古文単語315
基礎からのジャンプアップノート 古典文法
漢文早覚え速答法

世界史

時代と流れで覚える世界史B用語

▼勉強時間

▼英語の勉強で重要だったこと

単語を覚えることが一番重要だと思った。多読多聴は共テの時に活きたと思った。

▼数学の勉強で重要だったこと

国立医学部のほとんどは標準問題なので確実に標準問題は取れるようにチャートを固めておくことが大事だと思った。スタンダード演習はちょうどいい難易度で実力を上げられたと思った。

▼化学の勉強で重要だったこと

セミナーや良問問題集など典型問題を何周もする事が重要だと思った。

▼物理の勉強で重要だったこと

理論を理解した上で、名問の森をすべて解けるようになるまで繰り返したら、偏差値65は確実に超えると思った。

▼国語の勉強で重要だったこと

古文は単語を瞬間で言えるように暗記しておくこと、漢文は句形に慣れること、現文は解き方のルーティーンを作って安定して取れるようにすることが大事だと思った。

▼世界史の勉強で重要だったこと

塾指定の問題集を繰り返しやることで十分だと思うが、それに合わせて教科書も読むことで盤石になると思った。

▼松濤舎の指導でよかったこと

▽個別の課題作成、スケジュール立て

予定通りにやればいいという安心感があるのでいいと思った。

▽指定教材の選定

自分で選ぶよりも確実なのでいいと思った。

▽勉強のやり方、問題集の使い方

効率の良い学習ができるので良いと思った。

▽進捗管理シート、過去問管理シート

視覚化することで自分の状況が分かるので良いと思った。

▽私立受験後の振り返り

自分の入試への心構えが間違ってることが分かったのでとても良かった。

▼役に立った松濤舎の記事

▼入塾後に変わった勉強方法、考え方、学習観

毎日全ての教科をやること

▼松濤舎はどんな塾でしたか?

受験というものをロジカルに分析している塾だと思った。

▼これから受験する人へのアドバイス

勉強は学力というより、勉強をやり抜くという精神力が大事だと思います。自分にはそれがなかったので2年も余分にかかってしまったのだと思いました。モチベーションを常に保ち続けるのは難しいと思いますが、1日のタスクを確実にこなすようにしてください。

▼役に立ったオリジナル教材

システム英単語の補助教材

和文英訳教本の補助教材

全網羅 論述問題集(化学)

古文単語315の補助教材

漢文早覚え速答法の補助教材

▼松濤舎代表による振り返り

現役時代は大手予備校に通っていたそうですが、上滑りしていたこともあり、1浪目は基礎から教えてくれて質問もしやすい大手個別塾に通われていました。しかし、授業もあったため演習の時間が足りず、医学部受験できる成績には届きませんでした。参考書主体で勉強でき、合格実績も豊富だったことから、2浪目に松濤舎に入塾されました。

全統記述模試の結果から、理科の偏差値が高く、英語と数学に伸びしろがある状況でした。

ご本人も記載しているように、英語はとにかく語彙量を増やすことと、多読多聴です。数学は青チャートで典型問題を網羅すること、これがほぼすべてです。これらに特に時間をかけて対策した1年でした。

共通テストでは目標としていた点数にあと少し届きませんでしたが、データ分析の結果、香川大学医学部を出願候補に入れました。ご本人は香川大学医学部を出願先として考えたことがなかったそうなのですが、苦手科目の英語の難易度がそこまで高くなく、すべて記述問題のため大きな失点がなくせそうで、英作文では表の読み取りがあるので定型文を覚えたら対策できそうなことから出願を決めました。

過去問演習をしてみたところ、再現性を持って合格最低点を越えることがわかり、本番で大きなミスがなければ合格するだろうと思ってみていましたが、無事合格がきました。

国公立医学部は出願先決めが非常に重要です。松濤舎では毎年、定量的なデータをもとに精度高く合格可能性を予想し、出願先を決定しています。

2浪目であってもやるべきことをやれば成績を伸ばすことができ、出願先を適切に選べば合格できるという好例です。

以上、参考になれば幸いです。