>>[残席僅か]7月入塾の個別相談会はこちら

【保護者様の声】富山大学医学部医学科(現役・男性)

松濤舎を選ばれた理由

大学受験関連の書籍を調べていたときに、たまたま船登先生の「改訂版 高校一冊目の参考書 (2019年初版)」をネットで見つけて購入。

昭和世代の私から見ても非常に共感できる内容が数多く書かれており、当時中学3年だった子供にも一読を勧めてみたところ、著者の船登先生自身に強い興味を持ち、「改訂版 あとがき」に書かれていた「松濤舎」に入塾したいと言ってきたのが始まりでした。

我が家は地方の田舎暮らしのため、高校1年の7月より通信コースで入塾し、高校3年生の最後までの2年半の間お世話になりました。

もし松濤舎への入塾を検討されておられる保護者の方がおられましたら、船登先生著「改訂版 高校一冊目の参考書」は一読の価値がある本だと思います。

松濤舎はどのような塾でしたか?

塾という教育形態の一つの完成形だと思います。

松濤舎のシステムを簡潔に述べれば、「演習中心の学習」+「週1回の電話面談(*通信コース)」+「塾生ページでの有益な情報と記事の共有」から成り立っていますが、この3つのシステムの秀逸なバランスによって、

①生徒が明確な目的を持ち、自主的に勉強するようになる
②先生と生徒の距離感が絶妙であるため、長期的に良好な関係を築くことができる
③基本先生と生徒だけで進行していくので、子供の成績をいちいち気にしてしまう(私のような過干渉な)親が子離れをすることできる

など、数多くのメリットを享受することができました。

自宅での学習の様子はいかがでしたか?

非常に効率の良い勉強をしているという印象でした。

徹夜で勉強するといった無理なことは全くせず、よく食べよく寝て、非常に健康的な状態で共通テストや二次試験の日を迎えることができました。

お子様は松濤舎のことをどのように言っていましたか?

2年半の在塾の間、事あるごとに「船登先生はすごい」と言い続けていました。

船登先生のすばらしいご経歴だけでなく、物事の思考法やそれを適切な表現で言語化する技術、そしてデータやファクトを尊重する姿勢に、非常に大きな感銘を受けたようです。

船登先生から教えて頂いたことすべてが、子供の今後の人生の大きな糧となると確信しております。

受験勉強にはどのように関わっていらっしゃいましたか?

松濤舎HPの「保護者の方へ」で書かれている「大学進学のための資金のご準備と、温かく栄養のあるご飯をご用意していただくこと」を常に心がけていました。

特に共通テストと二次試験までの一週間は、専属トレーナーさながらの心境で睡眠時間、食事栄養を管理しておりましたので、黒子としての役割は十分全うできたのではないかと思います。

余談になりますが、子供と「化学」について話をすることが多かったため、私自身も船登先生の「宇宙一わかりやすい高校化学」シリーズ3冊を読みましたが、内容だけでなくユニークなイラストも大変秀逸でとても勉強になりました。「怪盗ハロゲン」や「タコ型火星人風の硫黄」のイラストは一生涯忘れないと思います。

指導を通して、生徒様が成長したことはありますか?

2年半の間、船登先生から勉強以外にも非常に多くのお話をしていただいたことで、机上の勉強だけでは学べない、様々な分野にも強い向学心を持つようになりました。

本当にありがとうございました。