モチベーションに左右されず勉強する方法

モチベーションと勉強を紐付けない

「勉強のモチベーションが上がらない」と相談をされることは多いですが、そもそもモチベーションに焦点をあてている時点で間違えています。

モチベーションを上げる方法はない、と認識する

まず「モチベーションを上げる方法はない」と認識すべきです。モチベーションというものに焦点をあてている時点で、間違えているのです。どうしたらモチベーションを上げることができるか、を考えているうちにあっという間に時間が過ぎてしまいます。

やりたい・やりたくないといった意志は完全に無視し、ルーティンを淡々とこなす状態に持っていくしかないのです。

そもそもモチベーションや◯◯力といった言葉をいかに信じないかが重要となります。限られた時間の中で合格可能性を高める必要があるのに、漠然としたモチベーションというものを信じ、そこに賭けること自体が誤っているのです。

モチベーションの向上は難易度の高い手段

「モチベーション」というアンコントローラブルで攻略が難しいものを頼りにするまでもなく、勉強へのハードルはとても低いです。行動レベルに落とし込めば、以下の2ステップしかありません。

① 家に帰ったらスマホの電源を切る
② 机に向かって問題集を開き、その日のTODOを終わらせる

これだけです。こんなことすらできない人が、モチベーションのコントロールをすることなど無理です。

結局「モチベーションがないから勉強をしない」というのはトートロジーでしかありません。そうなのであれば、モチベーションを上げるという最上級に困難な手段を持ち出すより、目的である勉強自体をしてしまった方が楽で早いです。

モチベーションを上げるための必要条件はある

モチベーションを上げるための十分条件はありませんが、必要条件はあると考えます。できるだけシンプルに、クリアに、自分のTODOを把握しておきましょう。

原理原則が頭に入っている

受験の原理原則が頭に入っていると、強いです。強烈な納得感の上に立つことは、迷いなく勉強するために必要な条件でしょう。

日々のTODOに対する強い納得感

受験の原理原則を踏まえた1日の学習計画があり、やるべきこと、やり方が明確になっている方が、より行動しやすいでしょう。

残念ながら、1日の学習計画に落とし込まれていても、やらない人はやりません。落ちるまで自覚できない人、落ちても自覚できず何浪もしている人もいます。自分はどちらになるのかは意志も重要ですが、最終的には「やるか、やらないか」になってしまうことは知っておいて損はないでしょう。

[PR]松濤舎はモチベーションの指導は一切していません。受験勉強をしたいが何をやったらよいかわからない人にのみ指導を提供しています。