>>[無料]個別相談会、実施中!(詳細はこちら)

【決定版】物理の完全攻略法

物理を完全攻略する方法をまとめました。
志望校別の指導をしていますが、共通の考え方を記載しています。

1)公式理解がすべて

物理は、化学や生物と違い、暗記しなければならない知識は少ないです。しかし、これをポジティブに捉えるかネガティブに捉えるかは人によるでしょう。私はネガティブにとらえています。というのも、化学や生物は知識量に比して成績が上がるため「最悪これ以上落とすことはない状態」まで努力次第で持っていくことが可能なのですが、物理は努力しても公式理解できないまま入試を迎えてしまうと絶望的です。

問題設定はいくらでも複雑化できます。しかし、一見複雑な状況を解きほぐし、簡単な事象の組み合わせであるところまで見抜けるようになれば高得点が可能なのも物理の特徴です。

2)論点は、どうすれば効率的に公式理解ができるか?

物理の論点は、どうしたら効率的に公式理解ができるか、に尽きます。物理では典型問題をひたすら解くのではなく、問題に対して解説が十分に載っていることや、複数の公式を利用したり、複数の典型問題が組み合わさってできた問題に取り組むことを通して公式の運用方法について理解を深めていくことで、どんな問題にも対処しやすくなります。

まずは解説が多く、問題を通して事象理解を促すような教材をやりましょう。松濤舎では、事象をビジュアル化し、感覚的に理解できるようになる宇宙一わかりやすい高校物理シリーズを推奨しています。

これだけで偏差値60が取得可能です。

物理のエッセンスでも代替可能

物理のエッセンスを使っている人はそちらを使い続けても構いません。ただし、まだ物理のエッセンスを使っていない人には、宇宙一わかりやすい高校物理シリーズを推奨します。

3)教科書準拠問題集を侮らない

化学、生物では教科書準拠問題集を推奨していました。物理も現役生は定期テスト対策期間中に使いましょう。公式運用がスムーズにできるようになったり、典型問題にひと通り触れたりするのには有効だからです。

一方、理解が伴わず、公式への数値代入で終始してしまうリスクもあります。そのため、宇宙一わかりやすい高校物理シリーズやエッセンスのような参考書での理解をメインで進められるとよいでしょう。

4)典型問題を網羅しつつ公式理解する

宇宙一わかりやすい高校物理シリーズやエッセンスを通して基礎が基礎ができたら、典型問題にひと通り触れるフェーズとなります。物理にも、よく出題される問題や公式理解を深める問題、公式理解しているかどうかを試すのに格好の問題がが存在します。こういった典型問題をやることで効率的に公式理解できるようになるだけでなく、初見の問題が減り、模試や入試で対応しやすくなります。

松濤舎で推奨しているのは物理の良問問題集です。網羅的に典型問題を扱っており、各問題にテーマ名が書かれているので問題をパターンとして頭に入れやすくなっています。解説もわかりやすいので自力で進めやすいのも特徴です。

物理の良問問題集だけで偏差値67.5まで取得可能で、ほとんどの大学でボーダー偏差値を超えることができます。

良問の風でも代替可能

時間がない人は良問の風でも代替可能です。問題量が少ないためすぐに終わってしまい演習量が確保できない点には注意が必要です。本書に入る人は、次の『名問の森』に入る人が対象になります。1冊で終わらせたい人は『物理の良問問題集』を推奨します。

5)名問の森でさらなる高みへ

市販教材で最後にやるべきなのが名問の森です。東大・京大・難関医学部を志望する人はここまで入る必要があります。本書で偏差値70まで取得可能です。他科目とのバランスを見ながら追加しましょう。

6)難系は必須でない

市販教材の中でもっとも難しい問題集は難系ですが、必須ではありません。東大理Ⅲ・京大医・慶應医を受験する人は他の人も解いているという消極的な理由からやってもいいと思いますが、スキップして過去問に入っても全然OKです。実際、現役生で時間がない人は本書をスキップして過去問演習に入っても合格していますので。

やるとしたら例題のみでOKです。

6)過去問演習を通し、理解の穴を問題集で埋める

やるべき問題集を習得し終わったら、過去問演習に入って理解の穴を埋めましょう。過去問も、あくまで公式理解深めるためにやっているという認識を持ち、どうしてそう考えて解くのかわからなければすぐに参考書・問題集に戻り、理解を深めるようにしましょう。