【予約受付中】松濤舎の入塾相談会(詳細はこちらをクリック)

【完全保存版】最難関大合格者の「当たり前」とは?

最難関大合格者の「当たり前」に合わせれば結果が出る

難関大学に合格したいのであれば、最難関大合格者が「当たり前」にやっていることに自分を合わせましょう

松濤舎では、最難関大合格者にとっての「当たり前」の情報/環境を提供し、合格に必要な考え方を身につけていただきます

受験の仕組みの「当たり前」

最難関大合格者は、合格するには総合点が合格最低点を超えたらよいことを知っています。

そして、合格最低点を超えるために必要なのは知識量であること、身につけるべき知識量には上限があること、受験とは受験当日までの期間で知識量を身につける競争であることを知っています。

当然の帰結として、集団授業のような効率が悪い環境には身を置きません

塾に通うとしても、演習時間が十分に確保できる場所に通うべきだということを知っています。

【完全保存版】「知識量」が合格可能性を規定する

戦略の「当たり前」

最難関大合格者は、合否が総合点で決まることを知っています。そして、有限な時間を最適に配分し、総合点を最大化することがポイントであることを知っています。

松濤舎では、受験に必要な全教科を一括管理しており、迷うことなく目の前の課題に取り組むことができます。

問題集の「当たり前」

最難関大合格者は、やるべき問題集を知っています。例えば、都内の有名中高一貫校に通っていれば、自然と質の高い情報が入ってきます。

松濤舎では、難関大合格者が使っていた問題集・参考書の中から、評判の良いものだけを選定しています。

また、到達状態、習得までの期限、1日あたりにやるべき問題数、1問にかける目安時間まで伝えているので、一切迷うことなく学習できるのです。

【完全保存版】問題集を計画的に終わらせる方法

勉強方法の「当たり前」

最難関大合格者は、最も効率的な学習は問題演習中心の学習であることを知っています。

また、長期暗記するためには有意味暗記すべきであることも知っていますし、長期記憶には分散学習が有効であることも知っています。

同じ問題を短期的に繰り返さないためにも、問題番号の横に◯×マークをつけておき、◯マークがついている問題はできるだけ放置した学習をしています。

負荷を上げて勉強すると定着しやすく、転移しやすいことも知っています。単語は単語カードを使ってランダムにテストしたり、網羅系問題集のあとに入試レベルの問題集を追加することを当たり前だと思っています。

いかに新しい知識を身につけるかが重要であるかも知っているので、わからない問題があったらすぐに解説を読み、理解することに時間をかけます。

解答をただ写している時間は無駄であり、想起学習に時間を使って学習するのを当たり前だと思っています。

【完全保存版】松濤舎の暗記指導

スケジュールの「当たり前」

志望校に合格するために、いつまでにどの問題集を終わらせ、どれくらいの偏差値になっていたらよいかを知っています。

既習範囲は、定期テスト対策時に固めておくべきことを知っています。定期テストのタイミングで高い習得レベルにし、間隔を置いて復習し定着させていったらいいことを知っています。

【松濤舎の指導】定期テスト指導

各勉強の位置づけの「当たり前」

問題集は過去問の解説が完璧に理解できる状態になることを目標としてやっているという、目的と全体の位置づけを知っています。

過去問演習は”演習力”や”対応力”といった漠然とした力を身につけるためにやるのではなく、

入試本番では、過去の合格者と同じ知識量の状態になっていることを目指します。つまり、彼らがやっていた問題集(またはその上位互換の問題集)、過去問が自力で解ける状態にして臨んだらよいことを知っています。

問題集から過去問演習、入試本番までの大きな流れ

各教科の勘所の「当たり前」

英語の勘所は、長文読解対策であることを知っています。

理系教科の勘所は、典型問題の習得であることを知っています。『Focus Gold』『エクセル』などの網羅系問題集を徹底することがもっとも重要であることを知っています。

現代文の勘所は、論理的な読み方の習得であることを知っています。

古文・漢文の勘所は、単語・文法・句形・重要漢字の暗記をしてしまえば、あとはセンター試験の過去問で演習することだと知っています。

社会の勘所は、有意味暗記するために因果関係を掴もうと勉強することがポイントだということを知っています。そして、やるべき問題集ができる状態を目指して繰り返し演習することが重要であることも知っています。

英語長文の勉強方法

【完全保存版】英単語の超効率的な覚え方

塾・予備校の「当たり前」

塾に所属していたとしても、必要なのは自習室と質問対応のみであることも知っています。集団授業は無駄であり、予習・復習に時間をかけることは非効率であると思っています。

また、多くの塾では成績優秀者が特待生として無料で自習室が使えるようになっており、そこで最難関大学の合格実績が作られていることを知っています。

大手予備校での学びを無駄にしない方法

自己管理の「当たり前」

手帳をスケジュール管理、問題集管理、勉強時間管理などを手帳で行うことを当たり前だと思っています。

松濤舎では、自己管理するための手帳指導を行っています。

おすすめの手帳とその使い方

勉強時間の「当たり前」

高1は20時間以上、高2は30時間以上、高3は40時間以上の勉強が当たり前だと思っています。

余裕を持って終わらせるためには絶対的な時間が必要なことや、高1の早めの時期から始めたほうがトータルの勉強時間が多いことも知っています。

同時に、勉強時間はあくまでも目安であり、大事なのは「やるべき問題集を、特定の時期までに終わらせること」であると知っています。

【重要】勉強時間を増やす簡単な方法と、それより大事なこと

合格できない原因は「当たり前」を知らないだけ

合格できない原因は、決して地頭やセンスがないからではありません。

上記のような「当たり前」を知らないことが根本的な原因なのです。

松濤舎では、最難関大合格者が自明だと感じていることを言語化し、理由を添えて指導しています。

あとは、やるだけ

「当たり前」を知ったら、あとはやるだけです。

「馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない」の諺どおり、最終的にやるかやらないかは自分自身にかかっています。

「当たり前」に関する情報は、一部の進学校ではよく知られたものが多いのですが、当然、進学校の全員が最難関学に合格しているわけではありません。

違いは、やりきったかどうかです。

やるべきことに納得したら、あとはやるだけ。どれだけ徹底してやれたか、それだけの違いしかありません。

松濤舎では、最難関大合格者にとっての「当たり前」を徹底してやらせる指導を行っています。