>>[3月入塾募集中]個別相談会の詳細はこちら

【決定版】『POWER STAGE(パワーステージ)英文法・語法』の使い方とレベル

[推奨]松濤舎の指定問題集です。

『POWER STAGE(パワーステージ)』を使った合格実績

松濤舎での合格実績を以下に記載します。

医学部医学科

大阪大学、横浜市立大学、広島大学、金沢大学、新潟大学、浜松医科大学、愛媛大学、大分大学、富山大学、弘前大学、秋田大学、東京慈恵会医科大学、順天堂大学、日本医科大学、国際医療福祉大学、自治医科大学、昭和大学、東京医科大学、東邦大学、日本大学、聖マリアンナ医科大学、東海大学、東京女子医科大学、埼玉医科大学 など

他学部

京都大学(文系)、大阪大学、名古屋大学、北海道大学、東北大学、神戸大学、千葉大学、筑波大学、東京学芸大学、岩手大学(共同獣医学科)、鳥取大学(共同獣医学科)、慶應義塾大学、早稲田大学、東京理科大学、上智大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学 など

※代替可能な問題集の合格実績も含みます。

関連記事

『POWER STAGE(パワーステージ)』で合格できる大学

『POWER STAGE 英文法・語法問題』だけで偏差値70まで取得可能*です。

(*)ロジック:①全統記述模試の問題と問題集に掲載されている問題を紐づけ、取得可能な点数を算出、②実際に生徒が取得した偏差値と習得レベルを踏まえ、現実的な偏差値を割り出しています。

『POWER STAGE 英文法・語法問題』だけで偏差値70が取得可能ということは、河合塾のボーダー偏差値**で、偏差値67.5の大学まで対応可能ということを意味しています。

(**)ボーダー偏差値は河合塾が発表している値で「昨年、その偏差値を取った人の50%が合格した偏差値」が定義です。科目別では発表されません。パスナビで表示される偏差値も、この河合塾のボーダー偏差値です。

『POWER STAGE(パワーステージ)』で取得可能な偏差値

松濤舎では、問題集ごとに「習得レベル」を定義しており、偏差値との関係までわかっています

『POWER STAGE 英文法・語法問題』の習得レベルと偏差値との関係は以下のようになっています。

レベル1正答率5割=約800問:偏差値65
レベル2正答率8割=約1,600問:偏差値70

以下の問題集でも同様の偏差値が取得可能です。

Vintage、Next Stage、Scramble、Bright Stage、UPGRADE

注意が必要なのは、多くの受験生が文法や精読に時間をかけすぎがちな点です。

上記の通り、偏差値65近く取りたければ、文法問題集は正答率5割で十分です。たいていは、語彙量や長文量が足りていないのに、さらに文法に力を入れ、ますます成績が伸び悩むケースが多いので注意が必要です。

関連記事

『POWER STAGE(パワーステージ)』を課題に組み込む

以上のように、「志望校が決まる」⇒「偏差値が決まる」⇒「問題集の習得レベルが決まる」⇒「解けるようになるべき問題数が決まる」というロジックが成り立ちます。

解けるようになるべき問題数まで同定できたら、残り日数から逆算し、1日あたりの課題に落とし込めばあとはやるだけの状態になります。

松濤舎では以上のロジックをもとに定量的かつ徹底した管理指導を行い、高い合格率を誇っています。

関連記事

『POWER STAGE(パワーステージ)』の使い方

正しい使い方をしなければ非効率です。『POWER STAGE 英文法・語法問題』は次のように使いましょう。

テスト形式で解いていく

順番にテスト形式で解いていきましょう。わからなければ×マークをつけ、右ページの解説を読みます。

正解していても右ページの解説はよく読み、なぜその選択肢が正解なのかわかっていたか確認します。

なお、分散学習するために、×マークがついた問題は1周するまで復習しません。

1周したあとに、×マークがついた問題を復習することで、必然的に最大限間隔をあけて復習することになり、長期記憶に寄与します。

一度◯マークがついた問題は、模試1週間前に復習する程度で十分なので、できるだけ一度も解けたことのない問題の復習に時間を使うようにしましょう。

『総合英語 FACTBOOK』『和文英訳教本(文法矯正編)』と併用する

本書の解説は、厳密ではあるのですが頭に残りやすくするための解説ではありません。そこで、『総合英語 FACTBOOK』『和文英訳教本(文法矯正編)』で該当箇所の解説を読むと、より頭に残りやすくなるでしょう。

しかし、慣用表現などはどうしても丸暗記しなければなりません。何度も繰り返し頭に入れましょう。

×マークのついた問題のみ復習する

1周し終わったら再び最初に戻り、×マークのついた問題だけ復習します。

2周目が終わったら、再び最初に戻り、×マークのついた問題だけを復習する・・・ということを繰り返していきます。

関連記事

『POWER STAGE(パワーステージ)』の代替教材

文法問題集は、以下の問題集であれば代替可能です。

Vintage、Next Stage、Scramble、Bright Stage、UPGRADE

松濤舎では、何も文法問題集を持っていない場合は『英文法・語法 Vintage』を推奨していますが、すでに持っている問題集からわざわざ変えるほどの優位性はありません。

すでに解ける問題を解いている時間は無駄なので、そのまま使い続けてOKです。

『POWER STAGE(パワーステージ)』の前にやるもの

特にありません。

学校で習った範囲を『POWER STAGE 英文法・語法問題』で演習し、定着していきましょう。

『POWER STAGE(パワーステージ)』の次にやるもの

文法対策は、本書のみで十分です。

『POWER STAGE(パワーステージ)』の特徴

類書の文法問題集と比較した結果が下記となります。

<収録問題数の比較>

問題集名文法語法イディオム会話語彙発アク
POWER STAGE 7023771855892
NEXT STAGE 514228502120512744
Vintage52532246099119793
Scramble47325242959152325
UP GRADE5252103557794

上記から言えることは、『POWER STAGE 英文法・語法問題』は文法・語法の収録数が圧倒的に多いこと、そして、イディオム・会話表現・発音アクセントを大幅に削っている、ということです。

『POWER STAGE(パワーステージ)』と同著者問題集の比較

 

 

『POWER STAGE 英文法・語法問題』の著者・瓜生豊先生は、桐原書店から『NEXT STAGE 英文法・語法問題』と『全解説 頻出英文法・語法問題1000』を出版しています。

『NEXT STAGE 英文法・語法問題』は、採用数が多く有名である一方、右ページが少々読みにくくわかりづらいため、学校で指定された場合以外は推奨する理由がありませんでした。それであれば、他の出版社から出されている文法問題集の方を推奨します。

一方、『全解説 頻出英文法・語法問題1000』は、文法問題の網羅性が高い点が特徴です。一般的な文法問題集の文法・語法問題の収録数は約500問なのですが、本書はその倍収録されています。また、正直文法問題集にイディオムや発音アクセントの暗記を求めていなかったので、それであれば『全解説 頻出英文法・語法問題1000』をやったほうがベターと考えていました。

しかし、最新の第2版発行が2005年と古いことがマイナスポイントです。

上記2冊と比べた『POWER STAGE 英文法・語法問題』の特徴は、文法・語法問題が1,079問収録されていること、初版発行が2016年と新しいことから『全解説 頻出英文法・語法問題1000』の上位互換と言えます。難易度も『POWER STAGE 英文法・語法問題』は『全解説 頻出英文法・語法問題1000』とほぼ同じです。

上記から、同著者(同出版社)から出ている文法問題集の中で比較すると『POWER STAGE 英文法・語法問題』が最もおすすめと言えます。

<収録問題数の比較>

問題集名文法語法イディオム会話語彙発アク
POWER STAGE 7023771855892
全解説(1000)(1000)
NEXT STAGE514228502120512744

【決定版】英語の勉強方法と年間スケジュール

難関大学受験生向けに、英語の勉強方法と年間スケジュールをまとめました。参考にしてみてください。

【決定版】英語の完全攻略法