>>[残席僅か]6月入塾の個別相談会はこちら

【決定版】『Next Stage(ネクステージ)英文法・語法問題』の使い方とレベル

[推奨]松濤舎の指定問題集です。

Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服
桐原書店
売り上げランキング: 500

 

『Next Stage(ネクステージ)』で取得可能な偏差値

『Next Stage(ネクステージ)』で偏差値75まで取得可能です。

『Next Stage(ネクステージ)』を使った合格実績

松濤舎での合格実績を以下に記載します。

・医学部医学科

大阪大学、横浜市立大学、筑波大学、広島大学、金沢大学、新潟大学、熊本大学、岐阜大学、浜松医科大学、鳥取大学、愛媛大学、大分大学、高知大学、富山大学、弘前大学、秋田大学、東京慈恵会医科大学、順天堂大学、日本医科大学、国際医療福祉大学、自治医科大学、昭和大学、東京医科大学、東邦大学、日本大学、聖マリアンナ医科大学、東海大学、東京女子医科大学、埼玉医科大学 など

・他学部

東京大学、京都大学、大阪大学、名古屋大学、北海道大学、東北大学、神戸大学、千葉大学、筑波大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、東京理科大学、MARCH など

※代替可能な問題集の合格実績も含みます。

『Next Stage(ネクステージ)』の習得レベル(松濤舎の定義)

レベル1:5割以上の問題を、理由がわかっている状態で、正解できる:偏差値67.5
レベル2:8割以上の問題を、理由がわかっている状態で、正解できる:偏差値75

注意:英文法や精読に時間をかけすぎない。

注意が必要なのは、多くの受験生が文法や精読に時間をかけすぎがちな点です。

上記の通り、偏差値65近く取りたければ、文法問題集は正答率5割で十分なのです。たいていは、語彙量や長文量が足りていないのに、さらに文法に力を入れ、ますます成績が伸び悩むケースが多いので注意が必要です。

<参考記事>

『Next Stage(ネクステージ)』の使い方

テスト形式で解いていく

順番にテスト形式で解いていきましょう。わからなければ×マークをつけ、右ページの解説を読みます。

正解していても右ページの解説はよく読み、なぜその選択肢が正解なのかわかっていたか確認します。

なお、分散学習するために、×マークがついた問題は1周するまで復習しません。

1周したあとに、×マークがついた問題を復習することで、必然的に最大限間隔をあけて復習することになり、長期記憶に寄与します。

一度◯マークがついた問題は、模試1週間前に復習する程度で十分なので、できるだけ一度も解けたことのない問題の復習に時間を使うようにしましょう。

『総合英語 FACTBOOK』『和文英訳教本(文法矯正編)』と併用する

本書の解説は、厳密ではあるのですが頭に残りやすくするための解説ではありません。そこで、『総合英語 FACTBOOK』『和文英訳教本(文法矯正編)』で該当箇所の解説を読むと、より頭に残りやすくなるでしょう。

しかし、慣用表現などはどうしても丸暗記しなければなりません。何度も繰り返し頭に入れましょう。

×マークのついた問題のみ復習する

1周し終わったら再び最初に戻り、×マークのついた問題だけ復習します。

2周目が終わったら、再び最初に戻り、×マークのついた問題だけを復習する・・・ということを繰り返していきます。

『Next Stage(ネクステージ)』の習得にかかる時間

1問1分以内で進めます。

『Next Stage(ネクステージ)』の前にやるもの

特にありませんが、英単語が入っていなければ効率が悪いので、必ず『システム英単語』や『VENN4000』で単語暗記を並行しましょう。

『Next Stage(ネクステージ)』の次にやるもの

文法対策は本書のみで十分です。

『Next Stage(ネクステージ)』と代替可能な文法問題集

すでに持っている問題集をわざわざ変えるほどの優位性はありません。以下の文法問題集であれば、そのまま使い続けてOKです。

『Next Stage(ネクステージ)』に関するQ&A

何周もして答えを覚えてしまったのですが大丈夫ですか?
なぜその選択肢が正解なのかがわかっていれば問題ありません。

【決定版】英語の勉強方法と年間スケジュール

英語の勉強方法と年間スケジュールをまとめました。参考にしてみてください。


Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服
桐原書店
売り上げランキング: 500