>>[残席僅か]6月入塾の個別相談会はこちら

松濤舎オリジナル教材『樹形図の森』

概要

共通テスト・センター試験の過去27カ年の問題をすべて掲載し、大半が樹形図で解けることを示した。

樹形図の基本的な書き方が学べるだけでなく、樹形図を使えば感覚に頼らずに確実に答えが出せること、毎年似た構造の問題が出題されること、がわかるだろう。

樹形図の書き方は、そのまま2次試験にも応用できる。

詳細

共通テストの数1Aで最後まで心配なのが「場合の数・確率」である。

「場合の数・確率」の難しいところは、いくら確認しても最終的には「あってそう」「漏れがなさそう」「重複はなさそう」という”正しそうな感覚”に頼らざるを得ない(と考えてしまう)ところにある。

実際は、樹形図を使って全体像を見える化し、今何を数えているのかを視覚化し、確実に答えを出すことができる。

当教材によって、「場合の数・確率」が苦手分野から得点源に変わるのだ。

サンプル

購入について

3,300円(税込み|PDF)

購入はこちらから