>>[残席僅か]6月入塾の個別相談会はこちら

【合格体験記】近畿大学 医学部医学科(1浪・男性)

▼入塾時期

1浪の4月に入塾されました。

成績

※塾生のみ公開

▼合格校

近畿大学 医学部医学科
東海大学 医学部医学科

▼使っていた参考書/問題集

数学

青チャート1A,2B,3

英語

システム英単語(カード)
VENN4000
英文法・語法 Vintage
Rise1~4
速単シリーズ(入門編/熟語/必修編/上級編)
和文英訳教本

化学

宇宙一わかりやすい高校化学(理論/無機/有機)
エクセル化学
良問問題集
分野別マスター(松濤舎オリジナル教材)

物理

宇宙一わかりやすい高校物理(力学・波動/熱・電磁気・原子)
エクセル物理
良問の風
名問の森

▼勉強時間

▼英語の勉強で重要だったこと

単語と長文のペースを誤らないこと。また、長文の読み方を自分の物にすること。

▼数学の勉強で重要だったこと

僕は数学が苦手であったため、標準的な問題をミス無く解くこと。

▼化学の勉強で重要だったこと

特有の近似や考え方に、不必要な疑問を抱かないこと。

▼物理の勉強で重要だったこと

どの場面でどの公式を用いるかを意識すること。

▼松濤舎の指導でよかったこと

▽個別の課題作成、スケジュール立て

偏った勉強をしてきた自分には非常に役立った。

▽週1面談、電話サポート

適宜勉強の仕方を修正していただいた。

▽問題集の質問対応

いつでも対応していただけた。

▽進捗管理シート、過去問管理シート

苦手分野を重点的に学習する助けとなった。

▽模試結果の解釈、模試を踏まえた課題作成

自分の苦手分野を把握でき、苦手分野にも多くの時間をとって向き合えた。

▽志望校決め、進路相談

様々な方向(共通テストの点数や模試の成績、得意不得意など)から親身に考えていただいた。

▽過去問演習時の指導

下限得点を意識して解くことは本番で無駄な時間を割かないことに繋がった。

▽小論文対策

小論文の知識は全く無かったが、要点がまとめられたマニュアルがあったため書きやすかった。

▽面接対策

用意すべき質問解答が本番でも役立った。

▽私立受験後の振り返り

失敗を次へ生かすことを意識できた。

▽各種相談への対応、メンタルサポート

冷静な意見を聞くことができた。

▼役に立った松濤舎の記事

▼入塾後に変わった勉強方法、考え方、学習観

偏り無く勉強すること。
自分が解くべき問題に集中するべきという考え方。

▼松濤舎はどんな塾でしたか?

客観的に成績を判断していただいたり、先輩方のデータ等からやるべきことが明確に示していただけて、いつでも相談に乗ってもらえる塾。また、受験に対して非効率なものが一切無い。

▼これから受験する人へのアドバイス

受験本番で自分で解答を作れるように、標準的な問題を自分で解く時間を大切にすることをお勧めする。

▼役に立ったオリジナル教材

樹形図の森

確率で迷うことがかなり少なくなった。

分野別マスター化学

この分野に対する苦手意識をなくせた。

▼松濤舎代表による振り返り

小学校受験以来の受験で、高2から医学部志望だったものの漠然とした夢に留まっており、高3から河合塾にも通っていたものの現役合格はできませんでした。浪人が決まってから「また昼過ぎまで授業で時間が取られることは嫌だな」と思い、演習中心で勉強できる松濤舎に入塾。それからは勉強時間のグラフにあるように、毎週ほぼ80時間コンスタントに勉強していました。

受験経験が少ないからか、入試と関係ない細かい部分が気になったりして効率が悪い勉強になっていたため、「自分の素朴概念ありきで考えるのではなく、参考書に書かれているものや解答が正しいものとして自分の考え方を寄せていくことが必要」というアドバイスをしてから、少しずつ改善されたように思います。大学受験という限られた時間でより多くの知識量を習得することが求められる”ゲーム”では、些末なことに引っ掛かっていてはいつまでたっても前に進みませんからね。

他にも、受験は相対評価であることや、周りが解ける問題で落とさないようにすること、基礎を徹底し教科書範囲を網羅すること、解ける問題を解く練習をすることなど、受験に対する正しい認識を持ってもらうことから教えました。

ここから1年で合格するというのも才能です。無事、2つの私立医学部から合格が出ました。

中学受験や高校受験を経験しておらず、大学受験に対する根本的な認識から変えていく必要がある人であっても、的確な指導と1年間の努力で医学部に合格できることを示す好例でしょう。

以上、参考になれば幸いです。