>>[残席僅か]6月入塾の個別相談会はこちら

指導連携のご案内|松濤舎

貴校に、松濤舎メソッドを。

松濤舎では、難関大合格を目指す全国の受験生に向け、合理的な受験戦略に基づいた指導を行っています。

これまで、いくつかの学習塾や高校からお声がけいただき、以下のような連携を行って参りました。

  • 専門外の科目の指導(ex. 英語塾の生徒様に、英語以外の指導を連携)
  • 医学部/難関大といった専門的な指導(ex. 地方塾、私立高校との連携)

以上のような連携をご希望の塾・高校の方がいらっしゃいましたら、お問い合わせくださいませ。

参考記事

提携方法の要件

Point①. 貴塾の指導をベースに。

貴塾には、これまで通りの指導を行っていただきます。

松濤舎では、貴塾では指導しない科目(例:英語塾では英語以外の科目など)や、専門的な指導(例:医学部受験指導、都内私立など)を担当します。

Point②. 松濤舎では、通信コースの指導をします。

松濤舎では、通信コースと同じ指導を行います。

詳しい役割分担についてはお問い合わせの上、個別で調整させてください。

Point③. 月1回の状況シェアを実施。

生徒の状況を共有し合うため、月1回の状況シェアを行います。

導入事例

Case1. 英語指導塾

幼少期から優秀な学生さんが通う英語塾様ですが、地方ということもあり、他科目を同じクオリティで指導できる塾が周辺にありません。松濤舎では英語以外の科目を担当し、東大・京大・医学部レベルの指導を実施。すでに国公立医学部、私立医学部、慶應義塾大学など難関校への合格実績が出ています。地方の優秀層は東京との情報格差の是正を求めていることが多いため、在籍校から東大理Ⅲ・文Ⅱなどに進学した学生と面談を組んだりするといった指導も行っています。

Case2. 高校受験塾

高校受験に向けた指導を行われていましたが、大学受験に向けた指導(特に難関大向けカリキュラム)も提供したいとのご相談がありました。松濤舎で全科目を担当しつつ、学習塾様では自習室の提供、大学生の質問対応が受けられるといった形で提携しました。国公立医学部の合格実績が出るなど、短期間で実績が出ています。

Case3. 私立高校

スポーツ強豪校ですが、難関大を目指したいという高校生もいらっしゃいます。部活しながら寮や自宅で効率的に勉強してもらいたいということでご連絡をいただきました。松濤舎では全科目を担当し、推薦選抜の面接対策・小論文対策も実施。学校では図書室の一角に自習スペースを作っていただいたり、全統模試の受験を開催していただりと、様々な面で連携し合いながら学習環境を整えました。高1から指導した生徒が開校来初めて、国公立大学の医学部に推薦合格するなど、実績を出しています。

詳細はお問い合わせください。

提携方法は個別に対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。

貴塾に、松濤舎メソッドを。

「合理的な受験戦略」で難関大合格へと導く松濤舎メソッド。詳しくは以下をご覧ください。

お問い合わせフォーム

こちらからお問い合わせください。