【難関大学受験生向け】数学の勉強方法とスケジュール

使用する問題集;ボトムアップ問題集

Focus Gold(フォーカス・ゴールド)

Focus Gold 4th Edition  数学I+A
Focus Gold 4th Edition 数学I+A

posted with amazlet at 19.07.28
豊田敏盟 竹内英人 ほか9名
新興出版社啓林館
売り上げランキング: 1,865

 

※数2B,3は、公式ホームページまたは書店で、購入するようお願いします。

『Focus Gold(フォーカスゴールド)』の使い方とレベル 『Focus Gold(フォーカスゴールド)』の使い方とレベル

使用する問題集;トップダウン問題集

1対1対応の演習

1対1対応の演習/数学1 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)
東京出版
売り上げランキング: 1,343

 

1対1対応の演習/数学A 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)
東京出版
売り上げランキング: 1,406

 

1対1対応の演習/数学II 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)
東京出版編集部
東京出版
売り上げランキング: 1,442

 

1対1対応の演習/数学B 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)
東京出版編集部
東京出版
売り上げランキング: 1,210

 

 

 

『1対1対応の演習』の使い方とレベル 『1対1対応の演習』の使い方とレベル

新数学スタンダード演習

 

『新数学スタンダード演習』の使い方とレベル 『新数学スタンダード演習』の使い方とレベル

数学3スタンダード演習

 

『数学Ⅲスタンダード演習』の使い方とレベル 『数学Ⅲスタンダード演習』の使い方とレベル

入試数学の掌握

テーマ別演習① 入試数学の掌握 総論編 (YELL books テーマ別演習 1)
近藤至徳
エール出版社
売り上げランキング: 18,702

 

テーマ別演習② 入試数学の掌握 各論錬磨編 
近藤至徳
エール出版社
売り上げランキング: 76,611

 

テーマ別演習3 入試数学の掌握 各論実戦編
近藤 至徳
エール出版社
売り上げランキング: 100,069

 

『入試数学の掌握』の使い方とレベル 『入試数学の掌握』の使い方とレベル

やさしい理系数学

やさしい理系数学 三訂版 (河合塾シリーズ)
三ツ矢 和弘
河合出版
売り上げランキング: 8,273

 

『やさしい理系数学』の使い方とレベル 『やさしい理系数学』の使い方とレベル

上級問題精講

数学I+A+II+B 上級問題精講
長崎 憲一
旺文社
売り上げランキング: 9,905

 

数学III 上級問題精講
数学III 上級問題精講

posted with amazlet at 19.07.28
長崎 憲一
旺文社
売り上げランキング: 9,107

 

『数学 上級問題精講』の使い方とレベル 『数学 上級問題精講』の使い方とレベル

浪人・再受験生のスケジュール

基礎がある生徒(Focus Goldの星1,2問題が解ける生徒)

4月〜4月末:Focus Goldの星1,2個問題をひと通り確認

5月〜6月末:Focus Gold1A, 2B, 3の星3.4個の問題が対象。全500問(例題+練習で1問とカウント)。2ヶ月完成。1ヶ月で1周ペース。1日17問、1問30分ペース、1日合計8時間。

7月〜8月末:Focus Gold1A, 2B, 3のStep Up問題が対象。全740問。2ヶ月完成。1ヶ月で1周ペース。1日25問、1問15分ペース、1日合計6時間。

9月〜:他教科に回す or トップダウン問題集へ(志望校や成績状況によって変動します。下記に一例を挙げます)

<例:最難関大学受験生の場合>

9月〜10月末新数学スタンダード演習数学3スタンダード演習:全440問。2ヶ月完成。1ヶ月で1周ペース。1日15問、1問20分、1日合計5時間。

10月〜11月末入試数学の掌握①〜③。全124問。2ヶ月完成。1ヶ月で1周ペース。1日4問、1問30分、1日合計2時間。

11月末〜12月末やさしい理系数学。200問。2ヶ月完成。1ヶ月で1周ペース。1日7問、1問15分、1日合計2時間。

1月〜:過去問演習

基礎がない生徒(Focus Goldの星1,2問題に穴がある生徒)

3月〜5月末Focus Gold1A, 2B, 3星1,2個の問題が対象。全540問(例題+練習で1問とカウント)。3ヶ月完成。1.5ヶ月で1周ペース。1日12問、1問30分、1日合計6時間。

6月〜8月末Focus Gold1A, 2B, 3星3.4個の問題が対象。全500問(例題+練習で1問とカウント)。3ヶ月完成。1.5ヶ月で1周ペース。1日13問、1問30分ペース、1日合計6時間。

9月〜10月末Focus Gold1A, 2B, 3Step Up問題が対象。全740問。2ヶ月完成。1ヶ月で1周ペース。1日25問、1問15分ペース、1日合計6時間。

11月〜:他教科に回す or トップダウン問題集へ(志望校や成績状況によって変動)

高3生のスケジュール

高2から受講している生徒

〜6月末Focus Gold1A,2B,3Steu Up問題、『1対1対応の演習』までは完了している前提。

※Focus Goldで十分な生徒は、7月以降復習中心

※偏差値70以上の最難関大学を目指す生徒は下記進める。

7月〜8月末入試数学の掌握①〜③。全124問。2ヶ月完成。1ヶ月で1周ペース。1日4問、1問30分、1日合計2時間。

7月〜8月末やさしい理系数学。200問。2ヶ月完成。1ヶ月で1周ペース。1日7問、1問15分、1日合計2時間。

9月〜10月末上級問題精講を使い、頻出分野(確率、ベクトル、数列、複素数平面、微分積分)のみを重点的に対策。

11月〜:復習を中心としながら、過去問演習にも入っていく。

高3から受講開始した生徒

4月〜7月末Focus Gold1A, 2B, 3星1,2個の問題が対象。全540問(例題+練習で1問とカウント)。4ヶ月完成。2ヶ月で1周ペース。1日9問、1問20分、1日合計3時間。

8月〜11月末Focus Gold1A, 2B, 3星3.4個の問題が対象。全500問(例題+練習で1問とカウント)。4ヶ月完成。2ヶ月で1周ペース。1日8問、1問20分ペース、1日合計3時間。

1月〜2月:志望校の頻出分野に絞り、Step Up問題を進める。

高2生のスケジュール

高1から受講している生徒

4月〜5月末式と証明複素数と方程式の範囲を、Focus GoldStepUp問題まで習得する。全130問題。2ヶ月完成。1ヶ月で1周ペース。1日4問、1問30分ペース、1日合計120分。

加えて、『1対1対応の演習』シリーズの同範囲を進める。全24問(例題+練習で1問とカウント)。2ヶ月で完成。1ヶ月で1周ペース。1日に1問ペース、1問40分、1日合計40分。

6月〜8月末図形と方程式、いろいろな式、三角関数、平面ベクトル、数列の範囲を、Focus GoldStepUp問題まで習得する。全380問。3ヶ月完成。1.5ヶ月で1周ペース。1日9問、1問20分ペース、1日合計180分(夏休み含む)。

加えて『1対1対応の演習』シリーズの同範囲を進める。全50問。3ヶ月完成。1.5ヶ月で1周ペース。1日1問、1問40分ペース、1日合計40分。

9月〜11月末微分の範囲を、Focus GoldStepUp問題まで習得する。全60問。3ヶ月完成。1.5ヶ月で1周ペース。1日2問、1問20分ペース、1日合計40分。

加えて『1対1対応の演習』シリーズの同範囲を進める。全10問。3ヶ月完成。1.5ヶ月で1周ペース。1問40分ペース。

12月〜1月末空間ベクトルの範囲を、Focus GoldStepUp問題まで習得する。全70問。2ヶ月完成。1.5ヶ月で1周ペース。1日3問、1問20分ペース、1日合計60分。

加えて『1対1対応の演習』シリーズの同範囲を進める。全12問。3ヶ月完成。1.5ヶ月で1周ペース。1問40分ペース。

高2から受講開始した生徒

4月〜5月末式と証明複素数と方程式の範囲を、Focus GoldStepUp問題まで習得する。全130問題。2ヶ月完成。1ヶ月で1周ペース。1日4問、1問30分ペース、1日合計120分。

6月〜8月末図形と方程式、いろいろな式、三角関数、平面ベクトル、数列の範囲を、Focus GoldStepUp問題まで習得する。全380問。3ヶ月完成。1.5ヶ月で1周ペース。1日9問、1問30分ペース、1日合計270分(夏休み含む)。

4月〜8月末:加えて、Focus Gold1A星マーク1,2個問題の8割が解ける状態にする。全186問。5ヶ月完成。2.5ヶ月で1周ペース。1日3問、1問30分ペース、1日合計90分。

9月〜11月末微分の範囲を、Focus GoldStepUp問題まで習得する。全60問。3ヶ月完成。1.5ヶ月で1周ペース。1日2問、1問30分ペース、1日合計60分。

加えて、Focus Gold1A星マーク3,4個問題の8割が解ける状態にする。全130問。3ヶ月完成。1.5ヶ月で1周ペース。1日3問、1問30分ペース、1日合計90分。

12月〜1月末空間ベクトルの範囲を、Focus GoldStepUp問題まで習得する。全70問。2ヶ月完成。1ヶ月で1周ペース。1日3問、1問30分ペース、1日合計90分。

加えて、Focus Gold1AStepUp問題の8割が解ける状態にする。全200問。4ヶ月完成。2ヶ月で1周ペース。1日3問、1問30分ペース、1日合計90分。

2月〜3月末積分の範囲を、Focus GoldStepUp問題まで習得する。全50問。2ヶ月完成。1ヶ月で1周ペース。1日2問、1問30分ペース、1日合計60分。

高1生のスケジュール

4月〜5月末数と式、集合と命題を、Focus GoldStepUp問題まで習得する。全100問題。2ヶ月完成。1ヶ月で1周ペース。1日4問、1問30分ペース、1日合計120分。

加えて『1対1対応の演習』シリーズの同範囲を進める。全20問(例題+練習で1問とカウント)。2ヶ月で完成。1ヶ月で1周ペース。1日1問ペース、1問40分、1日合計40分。

6月〜8月末二次関数、場合の数の範囲を、Focus GoldStepUp問題まで習得する。全150問。3ヶ月完成。1.5ヶ月で1周ペース。1日4問、1問20分ペース、1日合計80分。

加えて『1対1対応の演習』シリーズの同範囲を進める。全32問(例題+練習で1問とカウント)。3ヶ月で完成。1.5ヶ月で1周ペース。1日1問ペース、1問40分、1日合計40分。

9月〜11月末図形と計量、確率の範囲を、Focus GoldStepUp問題まで習得する。全100問。3ヶ月完成。1.5ヶ月で1周ペース。1日3問、1問20分ペース、1日合計60分。

加えて『1対1対応の演習』シリーズの同範囲を進める。全32問(例題+練習で1問とカウント)。2ヶ月で完成。1ヶ月で1周ペース。1日1問ペース、1問40分、1日合計40分。

12月〜1月末整数の性質の範囲を、Focus GoldStepUp問題まで習得する。全70問。2ヶ月完成。1.5ヶ月で1周ペース。1日2問、1問20分ペース、1日合計40分。

加えて『1対1対応の演習』シリーズの同範囲を進める。全18問(例題+練習で1問とカウント)。2ヶ月で完成。1ヶ月で1周ペース。1日1問ペース、1問40分、1日合計40分。

2月〜3月末データの分析、図形の性質の範囲を、Focus GoldStepUp問題まで習得する。全100問。2ヶ月完成。1ヶ月で1周ペース。1日4問、1問20分ペース、1日合計80分。

加えて『1対1対応の演習』シリーズの同範囲を進める。全15問(例題+練習で1問とカウント)。2ヶ月で完成。1ヶ月で1周ペース。2日に1問ペース、1問40分。

数学の特徴

配点比率が高く、安定的に得点するのが難しい

理系では数学の配点比率は総合得点の30%~50%を占めるのが大半です。そのため、必然的に数学に割くべき時間は長くなります。

数学という科目の特徴として、長く時間をかける必要がある一方で、なかなか点数が安定しません。しかし、数学は受験において「大きく点数を伸ばす」よりも「大きく点数を落とさない」という方が重要です。

難問は正答率が低いため落としても合否に大きな影響は及ぼしませんが、易問は差がつかず、適度な難問を固く解けるかが合否を決めます。

そのためには典型問題を、完璧かつスムーズに解けるようにしながら、良問の難問が解ける実力まで持っていく必要があります。

単純知識は少ないが、手続き知識が多い教科

数学は、地歴や生物の用語暗記のような単純暗記自体は多くありません。

一方で、解き方や解く際の注意点、ケアレスミス対策などといった手続き知識の多い科目です。この手続き知識は、知識として蓄積し、暗記していかなければなりません。それを「センス」や「才能」と片付けてしまう人がいたら、数学という教科の本質が見抜けていない証拠です。

数学という教科で求められているのはヒラメキやセンスではありません。

典型問題が出たら瞬殺できる解法暗記と、解く際に注意しなければならない様々なポイントの暗記です。

早めに開始すべき。時間が解決してくれることも多い

数学は積み上げる科目であるので後手に回るとその先の分野も後手に回るという、負のスパイラルに入ってしまうので、借金をつくらないよう勉強していかなければなりません。

また、数学は時間が経ってから復習した際に「昔は全然わからなかったのに、今は普通に理解できるようになっている」ということが往々にして起こります。時間を味方につけるためにも、数学は早めに取り組むべきです。

なお、都内中高一貫有名進学校は、高1の段階で数3まで終わっているというのが、難関大学への圧倒的な合格実績と関係があることは言うまでもありません。