【難関大学受験生向け】国語の勉強方法とスケジュール(個別試験で国語が必要な生徒対称)

使用する問題集;ボトムアップ問題集

出口汪 現代文講義の実況中継

出口汪 現代文講義の実況中継(1) (実況中継シリーズ)
出口 汪
語学春秋社
売り上げランキング: 7,533

 

出口汪 現代文講義の実況中継(2) (実況中継シリーズ)
出口 汪
語学春秋社
売り上げランキング: 11,245

 

出口汪 現代文講義の実況中継(3) (実況中継シリーズ)
出口 汪
語学春秋社
売り上げランキング: 22,252

 

『出口汪 現代文講義の実況中継』の使い方とレベル

読んで見て覚える 重要古文単語315

読んで見て覚える重要古文単語315
武田 博幸 鞆森 祥悟
桐原書店
売り上げランキング: 1,016

 

『読んで見て覚える 重要古文単語315』の使い方とレベル

基礎からのジャンプアップノート 古典文法・演習ドリル

基礎からのジャンプアップノート 古典文法・演習ドリル 改訂版
望月 光 上田 慶子
旺文社
売り上げランキング: 3,650

 

『基礎からのジャンプアップノート 古典文法・演習ドリル』の使い方とレベル

漢文早覚え速答法

漢文早覚え速答法 パワーアップ版 (大学受験VBOOKS)
田中雄二
学研マーケティング
売り上げランキング: 440

 

『漢文早覚え速答法』の使い方とレベル

浪人・再受験生の基本スケジュール

4月〜4月末『出口汪 現代文講義の実況中継』の全18問が対象。1ヶ月で完了。2週間に1周ペース。1日1問、1問60分、1日60分

5月〜8月末『読んで見て覚える 重要古文単語315』の全約600語が対象。4ヶ月で完了。2ヶ月に1周ペース。1日10語、1語30秒、1日5分

5月〜8月末『漢文 早覚え速答法』の全約100語が対象。4ヶ月で完了。2ヶ月に1周ペース。1日2語、1語10分、1日5分

7月〜8月末『基礎からのジャンプアップノート』の全30項目が対象。2ヶ月で完了。1ヶ月に1周ペース。1日1項目、1項目30分、1日30分

9月〜1月中旬:マーク模試の成績を踏まえ、適宜センター試験過去問を追加

1月中旬〜2月中旬:過去問演習

高3生のスケジュール

8月〜8月末『出口汪 現代文講義の実況中継』の全18問が対象。1ヶ月で完了。2週間に1周ペース。1日1問、1問60分、1日60分

8月〜11月末『読んで見て覚える 重要古文単語315』の全約600語が対象。4ヶ月で完了。2ヶ月に1周ペース。1日10語、1語30秒、1日5分

8月〜11月末『漢文 早覚え速答法』の全約100語が対象。4ヶ月で完了。2ヶ月に1周ペース。1日2語、1語10分、1日5分

10月〜11月末『基礎からのジャンプアップノート』の全30項目が対象。2ヶ月で完了。1ヶ月に1周ペース。1日1項目、1項目30分、1日30分

12月〜1月中旬:マーク模試の成績を踏まえ、適宜センター試験過去問を追加

1月中旬〜2月中旬:過去問演習

高1,2生のスケジュール

定期テスト対策として各参考書を使用していればOKです。

高3で改めて勉強する必要がなくなるので借金を作らず勉強ができます。

国語の特徴

総合得点に占める割合は小さく、差はつきにくい

国語は総合得点に占める割合が小さく、一定勉強するとそれ以上差がつきにくくなります。やるべきこと、身につける知識は限られているので、それを頭に入れたらあとは過去問演習で定着させていくだけです。

センター試験の過去問が使える

2次試験で記述式の国語が出題されるとしてもセンター試験の過去問は使えます。

その理由は、良問ばかりで絶対に答えが1つに決まることが挙げられます。

記述にせよマークにせよ本質を見抜くアプローチは同じで、解答方法が異なるだけです。本質さえ見抜けば解答方法はいくらでも対応できるようになるので、本質を見抜く方法、見抜くために必要な知識を身につけましょう。

設問に対する解答方法には注意すべき

記述式の場合、解答方法に注意する必要があります。例えば、

  • 「なぜ〜か」と問われたら「〜から」と答える。
  • 「〜とはどういうことか」と問われたら、設問文に対応させて答える。

といったように、厳密に解答する必要があります。

ただ、これ自体難しいことではありません。

浪人生は、精神衛生の観点から早めに始める

特に古文、漢文は単純暗記する科目なので早めに対策しても、結局忘れてしまいます。また、総合得点に対する比率が少ないため他教科を優先したいため、国語は直前期に一気に詰めることを推奨しています。

ただし、浪人生は精神衛生上、早めに対策しマーク試験でも一定点数が取れることを確認しながら進めたほうがベターです。4月から分散学習で少しずつ学習を進めましょう。