【6月予約受付中】松濤舎の難関大対策・指導説明会(詳細はこちらをクリック)

通信コース

概要

遠方在住や再受験生など、通塾が困難だが指導を受けたい方向けのコースです。安価な月謝で、受験に必要な全科目の指導を受けられます。

指導内容

難関大学合格に必要なすべての指導を行います。

  • 1日単位に落とし込んだ課題作成
  • 塾生ページの提供
  • 進捗管理シートの作成
  • 模試や過去問の結果を踏まえた課題調整
  • 進路相談・出願校決めのサポート など

月謝(税別)

  • 入塾金:3万円
  • 指導料:3万円

※短期講習等による追加料金は一切ありません。市販の教材購入費と模試の受験費用は、各自負担いただきます。

入塾後の流れ

STEP.1
塾生ページご案内
入金確認後、塾生ページのご案内をします。
STEP.2
課題作成
志望校や現在の成績、使用している問題集などにご回答いただき、それをもとに1日あたりにやるべき課題を作成します。課題は原則として、次の全統模試(約2-3ヶ月後)に向けて作成します。
STEP.3
進捗管理シート作成
指定問題集の習得レベルをチェックできる進捗管理シートを作成します。
STEP.4
学習開始
出された課題を進めていただきます。

※1. 問題集の質問
指定問題集のわからないところは面談時あるいはメール(写真添付可)で質問ができます。

※2. 模試受験後
フォームから自己採点(返却後は偏差値)をお送りいただき、その結果を踏まえて課題調整等を行います。

※3. 過去問演習時期(早い人で10月〜)
過去問演習の課題を出しますので、その出来をフォームから報告いただきます。内容を踏まえて課題修正や志望校変更を行います。

STEP.5
学習報告
毎週日曜日、専用フォームから学習報告を行って頂きます。報告内容や習得レベルをもとにフィードバックを送ります。

通塾コースとの違い

通信コースは面談ができないため、報告内容(問題集の習得レベル、模試の偏差値、過去問演習の出来等)を正として指導を行います。通信コースでは、生徒自身が主観的かつ能動的に報告を行う必要があります。高いメタ認知能力が必要とも言えるでしょう。

通塾コースでは模試や定期テスト、問題集の習得状況を、問題単位で指導者が直接確認します。指導者が客観的かつ能動的に生徒の学習状況を把握し、より精緻な指導を提供しています。

お問い合わせ

下記よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら