【難関大学受験生向け】英語の勉強方法とスケジュール

使用する問題集;ボトムアップ問題集

システム英単語

システム英単語 (駿台受験シリーズ)
刀祢 雅彦 霜 康司
駿台文庫
売り上げランキング: 338

 

『システム英単語』の使い方とレベル 『システム英単語』の使い方とレベル

単語王2202

単語王2202
単語王2202

posted with amazlet at 19.08.09
中澤 一
オー・メソッド出版
売り上げランキング: 5,843

 

『単語王2202』の使い方とレベル 『単語王2202』の使い方とレベル

基礎からの新々総合英語(チャート式)

基礎からの新々総合英語 (チャート式・シリーズ)
高橋 潔 根岸 雅史
数研出版
売り上げランキング: 33,474

 

『基礎からの新々総合英語(チャート式)』の使い方とレベル 『基礎からの新々総合英語(チャート式)』の使い方とレベル

英文法・語法 Vintage

英文法・語法Vintage
英文法・語法Vintage

posted with amazlet at 19.08.09
いいずな書店RT
売り上げランキング: 1,658

 

『英文法・語法 Vintage』の使い方とレベル 『英文法・語法 Vintage』の使い方とレベル

英文法ファイナル問題集(標準編)

 

『英文法ファイナル問題集 標準編』の使い方とレベル 『英文法ファイナル問題集 標準編』の使い方とレベル

英文法ファイナル問題集(難関大学編)

 

『英文法ファイナル問題集 難関大学編』の使い方とレベル 『英文法ファイナル問題集 難関大学編』の使い方とレベル

英文解釈の技術100

英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)
杉野 隆 桑原 信淑
ピアソン桐原
売り上げランキング: 3,665

 

『英文解釈の技術100』の使い方とレベル 『英文解釈の技術100』の使い方とレベル

イチから鍛える英語長文

イチから鍛える英語長文300 (CD&別冊「トレーニングブック」つき (大学受験TERIOS))
内川 貴司 武藤 一也
学研マーケティング
売り上げランキング: 38,445

 

イチから鍛える英語長文500 (CD&別冊「トレーニングブック」つき (大学受験TERIOS))
内川 貴司 武藤 一也
学研マーケティング
売り上げランキング: 10,990

 

イチから鍛える英語長文700 (CD&別冊「トレーニングブック」つき (大学受験TERIOS))
内川 貴司 武藤 一也
学研マーケティング
売り上げランキング: 87,226

 

『イチから鍛える英語長文』の使い方とレベル 『イチから鍛える英語長文』の使い方とレベル

英語長文問題精講

英語長文問題精講 新装版
中原 道喜
旺文社
売り上げランキング: 7,646

 

『英語長文問題精講』の使い方とレベル 『英語長文問題精講』の使い方とレベル

使用する問題集;トップダウン問題集

実戦編 英作文のトレーニング

実戦編 英作文のトレーニング 改訂版
Z会 (2017-07-12)
売り上げランキング: 16,376

 

『実戦編 英作文のトレーニング』の使い方とレベル 『実戦編 英作文のトレーニング』の使い方とレベル

新ユメサク

新ユメサク (アルク学参シリーズ)
木村 達哉 丸山 晃
アルク (2018-08-20)
売り上げランキング: 122,598

 

『新ユメサク』の使い方とレベル 『新ユメサク』の使い方とレベル

浪人・再受験生の基本スケジュール

英作文を課さない大学の場合

4月〜5月末『システム英単語』の全単語を対象としながら、最低でも3章までは覚える。全約2200単語。2ヶ月完成。1ヶ月で1周ペース。1日80単語、1単語10秒ペース、1日合計15分。

6月〜8月末『システム英単語』の4,5章を習得する。全約500単語。3ヶ月完成。1.5ヶ月で1周ペース。1日10単語、1単語10秒ペース、1日合計3分。

6月〜8月末『単語王』の全単語を対象としながら覚える。全約2200単語。3ヶ月完成。1.5ヶ月で1周ペース。1日50単語、1単語10秒ペース、1日合計10分。

※9月以降も、覚えられていない単語は継続して覚えていきます。

4月〜7月末『英文法・語法 Vintage』の全章を対象とする。4ヶ月完成。全約600ページ。2ヶ月で1周ペース。1日10ページ(見開き5ページ)、見開き1ページ12分、1日合計60分。

6月〜7月末(『システム英単語』3章まで覚えてから):『英文解釈の技術100』の全章が対象。全100題。2ヶ月完成。1ヶ月で1周ペース。1日3題、1題20分ペース、1日合計60分。

※7月末までに長文読解に必要な下地知識(単語、文法、英文解釈)が身についている状態にします。

8月〜8月末『イチから鍛える英語長文300』『イチから鍛える英語長文500』『イチから鍛える英語長文700』の全44題が対象。1ヶ月完成。2週間で1周ペース。1日3題、1題30分ペース、1日合計90分。

8月〜8月末『英文法ファイナル問題集(難関大学編)』の全10題が対象。1ヶ月完成。2週間に1周ペース。1日1題、1題60分ペース、1日合計60分。

※8月末の第2回全統記述模試に向け、8月中に長文の正しい読み方を身につけるスケジュールです。

9月〜12月末『英語長文問題精講』をやる。全100題(問題60題、類題40題)。4ヶ月完成。2ヶ月で1周ペース。1日2題、1題15分(問題は解かなくてよい)、1日30分。

〜12月末私立出願校の過去問の英語長文各5年分は読む。1日1題、1題60分、1日60分。(※出願校数によって開始タイミングが前後します。5校出願する場合、合計25題解くことになるので、11月から開始して11月中に1周、12月中に繰り返し復習するペースとなります)

センター後〜個別試験国公立の過去問10年分は読む。1ヶ月完成。2週間で1周ペース。1日1題、1題60分、1日60分。

英作文を課す大学の場合

上記スケジュールに下記を加える。

6月〜7月末(『システム英単語』3章まで覚えてから):『実戦編 英作文のトレーニング』別冊暗唱文集を暗記する。全300例文。2ヶ月完成。1ヶ月で1周ペース。1日10例文、1例文1分ペース、1日合計10分。

9月〜11月末『実戦編 英作文のトレーニング』の全70題が対象。3ヶ月完成。1.5ヶ月に1周ペース。1日2題、1題30分ペース、1日60分。

高3生のスケジュール

高3から受講した生徒の場合

4月〜5月末『システム英単語』の全単語を対象としながら、最低でも3章までは覚える。全約2200単語。2ヶ月完成。1ヶ月で1周ペース。1日80単語、1単語10秒ペース、1日合計15分。

6月〜8月末『システム英単語』の4,5章を習得する。全約500単語。3ヶ月完成。1.5ヶ月で1周ペース。1日10単語、1単語10秒ペース、1日合計3分。

6月〜8月末『単語王』の全単語を対象としながら覚える。全約2200単語。3ヶ月完成。1.5ヶ月で1周ペース。1日50単語、1単語10秒ペース、1日合計10分。

※9月以降も、覚えられていない単語は継続して覚えていきます。

4月〜7月末『英文法・語法 Vintage』の全章を対象とする。4ヶ月完成。全約600ページ。2ヶ月で1周ペース。1日10ページ(見開き5ページ)、見開き1ページ12分、1日合計60分。

6月〜7月末(『システム英単語』3章まで覚えてから):『英文解釈の技術100』の全章が対象。全100題。2ヶ月完成。1ヶ月で1周ペース。1日3題、1題20分ペース、1日合計60分。

※7月末までに長文読解に必要な下地知識(単語、文法、英文解釈)が身についている状態にします。

8月〜8月末『イチから鍛える英語長文300』『イチから鍛える英語長文500』『イチから鍛える英語長文700』の全44題が対象。1ヶ月完成。2週間で1周ペース。1日3題、1題30分ペース、1日合計90分。

8月〜8月末『英文法ファイナル問題集(難関大学編)』の全10題が対象。1ヶ月完成。2週間に1周ペース。1日1題、1題60分ペース、1日合計60分。

※8月末の第2回全統記述模試に向け、8月中に長文の正しい読み方を身につけるスケジュールです。

9月〜12月末『英語長文問題精講』をやる。全100題(問題60題、類題40題)。4ヶ月完成。2ヶ月で1周ペース。1日2題、1題15分(問題は解かなくてよい)、1日30分。

〜12月末私立出願校の過去問の英語長文各5年分は読む。1日1題、1題60分、1日60分。(※出願校数によって開始タイミングが前後します。5校出願する場合、合計25題解くことになるので、11月から開始して11月中に1周、12月中に繰り返し復習するペースとなります)

センター後〜個別試験国公立の過去問10年分は読む。1ヶ月完成。2週間で1周ペース。1日1題、1題60分、1日60分。

※英作文を課す大学を受験する場合

上記スケジュールに下記を加える。

6月〜7月末(『システム英単語』3章まで覚えてから):『実戦編 英作文のトレーニング』別冊暗唱文集を暗記する。全300例文。2ヶ月完成。1ヶ月で1周ペース。1日10例文、1例文1分ペース、1日合計10分。

9月〜12月末『実戦編 英作文のトレーニング』の全70題が対象。4ヶ月完成。2ヶ月に1周ペース。1日1題、1題30分ペース、1日30分。

高2から受講している生徒の場合

高2の2月〜高3の7月末『英語長文問題精講』をやる。全100題(問題60題、類題40題)。6ヶ月完成。3ヶ月で1周ペース。1日1題、1題30分(問題は解かなくてよい)、1日30分。

4月〜7月末『実戦編 英作文のトレーニング』の全70題が対象。4ヶ月完成。2ヶ月に1周ペース。1日1題、1題30分ペース、1日30分。

8月〜8月末『英文法ファイナル問題集(難関大学編)』の全10題が対象。1ヶ月完成。2週間に1周ペース。1日1題、1題60分ペース、1日合計60分。

9月以降:英語長文問題集または過去問多読する。

高1から受講している生徒の場合

高2の1月〜高3の7月末東大2次試験の過去問演習(25ヵ年)。6ヶ月完成。3日で1年ペース、1日60分。

8月以降:状況に応じて対応する。

高2生のスケジュール

高1から受講している生徒の場合

高校1の1月〜5月末『新ユメサク』の300文が対象。5ヶ月完成。2.5ヶ月で1周ペース。1日に4題、1題5分、1日20分。

4月〜8月末『英語長文問題精講』をやる。全100題(問題60題、類題40題)。5ヶ月完成。2.5ヶ月で1周ペース。1日2題、1題30分(問題は解かなくてよい)、1日60分。

8月〜8月末『英文法ファイナル問題集(難関大学編)』の10題が対象。1ヶ月完成。2週間に1周ペース。1日1題、1題60分ペース、1日合計60分。

9月〜9月末『ハイパートレーニング』(レベル3 難関編)の12題が対象。1ヶ月完成。2週間に1周ペース。1日1題、1題30分ペース、1日合計30分。

10〜10月末『英語長文のポラリス』(2. 応用レベル)の12題が対象。1ヶ月完成。2週間に1周ペース。1日1題、1題30分ペース、1日合計30分。

11〜11月末『英語長文のポラリス』(3. 発展レベル)の12題が対象。1ヶ月完成、2週間に1周ペース。1日1題、1題30分ペース、1日合計30分。

12〜12月末『英語長文Rise 読解演習』(3. 標準~難関編)の15題が対象。1ヶ月完成、2週間に1周ペース。1日1題、1題30分ペース、1日合計30分。

1〜1月末『英語長文Rise 読解演習』(4. 最難関編)の15題が対象。1ヶ月完成、2週間に1周ペース。1日1題、1題30分ペース、1日合計30分。

2月〜高3の7月末東大2次試験の過去問演習(25ヵ年)。6ヶ月完成。3日で1年ペース、1日60分。

高2から受講開始した生徒の場合

4月〜7月末『システム英単語』の全単語を対象としながら、3章までは覚える。全約2200単語。4ヶ月完成。2ヶ月で1周ペース。1日40単語、1単語10秒ペース、1日合計10分。

8月〜10月末『システム英単語』の4,5章を習得する。全約500単語。3ヶ月完成。1.5ヶ月で1周ペース。1日10単語、1単語10秒ペース、1日合計3分。

8月〜10月末『単語王』の全単語を対象としながら覚える。全約2200単語。3ヶ月完成。1.5ヶ月で1周ペース。1日50単語、1単語10秒ペース、1日合計10分。

※9月以降も、覚えられていない単語は継続して覚えていきます。

4月〜9月末『英文法・語法 Vintage』の全章を対象とする。6ヶ月完成。全約600ページ。3ヶ月で1周ペース。1日6ページ(見開き3ページ)、見開き1ページ12分、1日合計30分。

8月〜9月末(『システム英単語』3章まで覚えてから):『英文解釈の技術100』の全章が対象。全100題。2ヶ月完成。1ヶ月で1周ペース。1日3題、1題20分ペース、1日合計60分。

10月〜10月末『イチから鍛える英語長文300』の全15題が対象。1ヶ月完成。2週間で1周ペース。1日1題、1題30分ペース、1日合計30分。

※11月中旬の第三回全統高1模試に向け、10月中にひと通り長文の正しい読み方を身につけます。

12月〜3月末『実戦編 英作文のトレーニング』「別冊付録 暗唱例文集」をやる。全300例文。4ヶ月完成。2ヶ月で1周ペース。1日5例文、1例文3分、1日合計15分。

12月〜12月末『イチから鍛える英語長文500』の全15題が対象。1ヶ月完成。2週間で1周ペース。1日に1題、1題30分ペース、1日合計30分。

1月〜1月末『イチから鍛える英語長文700』の全14題が対象。1ヶ月完成。2週間で1周ペース。1日に1題、1題30分ペース、1日合計30分。

2月〜高3の7月末『英語長文問題精講』をやる。全100題(問題60題、類題40題)。6ヶ月完成。3ヶ月で1周ペース。1日1題、1題30分(問題は解かなくてよい)、1日30分。

高1生のスケジュール

4月〜7月末『システム英単語』の全単語を対象としながら、3章までは覚える。全約2200単語。4ヶ月完成。2ヶ月で1周ペース。1日40単語、1単語10秒ペース、1日合計10分。

8月〜10月末『システム英単語』の4,5章を習得する。全約500単語。3ヶ月完成。1.5ヶ月で1周ペース。1日10単語、1単語10秒ペース、1日合計3分。

8月〜12月末『単語王』の全単語を対象としながら覚える。全約2200単語。5ヶ月完成。2.5ヶ月で1周ペース。1日30単語、1単語10秒ペース、1日合計5分。

※1月以降も、覚えられていない単語は継続して覚えていきます。

4月〜12月末『英文法・語法 Vintage』の全章を対象とする。9ヶ月完成。全約600ページ。4.5ヶ月で1周ペース。1日4ページ(見開き2ページ)、見開き1ページ12分、1日合計30分。

8月〜12月末(『システム英単語』3章まで覚えてから):『英文解釈の技術100』の全章が対象。全100題。5ヶ月完成。2.5ヶ月で1周ペース。1日2題、1題20分ペース、1日合計40分。

1月〜1月末『イチから鍛える英語長文300』の全15題が対象。1ヶ月完成。2週間で1周ペース。1日1題、1題30分ペース、1日合計30分。

※2月上旬の第4回全統高1模試に向け、1月中に長文の正しい読み方を身につけます。

2月〜2月末『イチから鍛える英語長文500』の全15題が対象。1ヶ月完成。2週間で1周ペース。1日に1題、1題30分ペース、1日合計30分。

3月〜3月末『イチから鍛える英語長文700』の全14題が対象。1ヶ月完成。2週間で1周ペース。1日に1題、1題30分ペース、1日合計30分。

1月〜高2の5月末『新ユメサク』の300文が対象。5ヶ月完成。2.5ヶ月で1周ペース。1日に4題、1題5分、1日20分。

英語の特徴

学年に関係なく進められる教科

英語は「無学年教科」と呼ばれ、学年に関係なく進められます。特に、英単語暗記は高1からいくらでも進められますし、すべての土台となっているので、早めに始めるに越したことはありません。

単純暗記が多い

言語なので理解というよりも暗記の側面が強いです。早めに始めて分散学習する必要しなければなりません。

受験における比重が高い

文系理系問わず、総合得点に占める英語の比率が高いです。特に昨今は英語の点数比率が高くなる傾向にあり、難易度も上がっています。よって、真に実力がある人とない人との差が明らかに開くようになっています。時間をかけて、確実に知識暗記をしていくようにしましょう。

言語なので特有の「回路」を作る必要がある

言語は「1文の意味を掴みながら、前の文との関わりを理解しつつ、次の文章の展開を予想する…」というように同時並行に情報処理を行っています。このような英語を読むのに特有の「回路」を作る必要があり、そのためには絶対的な英文数と時間を確保する必要があります。

時間をかけるべきだからこそ、間違えた勉強方法を避ける

上記をまとめると、英語の得点比率が高く、単純暗記も多くて分散学習する必要があり、言語という特性から、絶対的な時間の確保が必要な教科なのです。

だからこそ、意識的に、狙いを持って、効率的な高校で勉強しなければなりません。