Warning: file_get_contents(/home/gooosebumps/shotosha.com/public_html/wp-content/plugins/ninja-forms/blocks/form/block.json): failed to open stream: No such file or directory in /home/gooosebumps/shotosha.com/public_html/wp-content/plugins/ninja-forms/blocks/bootstrap.php on line 12
【決定版】英語長文を速く読むためには、時間を測るより「正しく多量に」読もう | 松濤舎−難関大専門・問題演習中心の塾
【予約受付中】松濤舎の合同説明会(詳細はこちらをクリック)

【決定版】英語長文を速く読むためには、時間を測るより「正しく多量に」読もう

英語を英語のまま理解する機会を増やそう

英語長文が速く読めるようになりたいと思っている人は多いと思います。しかし、そのために正しく対策している人はとても少ないです。

よくやりがちなのは「時間を測って読む」という対策ですが、いくら時間を測っても速くはなりません。

大事なのは、英語を英語のまま理解するトレーニングをすることです。英語を英語のまま理解するというのはどういう状態かというと、

  • 英語の語順通り理解する(返り読みしない)
  • 日本語を介さない(英語を見てそのままイメージや理解に)

という状態です。しかし、日本人はどうしても日本語に慣れているため、

  • 英語の語順通り理解する⇒日本語とは語順が”逆”なので返り読みしがち
  • 日本語を介さない⇒英語を一度日本語に変換しがち

となってしまいます。よって、英語をご順通りに理解せざるを得ない状況、日本語を介していられない状況を作る必要があります。

それがリスニングです。

英語がどんどん進んでいくため語順通りに理解せざるを得ず、ナチュラルスピードで読まれるため日本語を介している余裕がなく、結局英語を聴いてそのまま理解する回路が鍛えられます。

このような、鍛えるべき回路を鍛える方法で量をこなすことが重要です。

ちなみに、量をこなすと言っていますがあくまでも高い質が担保されている前提です。特に英語は理解していないものを聴いたり、BGMとして聴き流してもまったく意味がないことがわかっているので、必ず意識的な学習をするようにしてください。