『基礎 英語長文問題精講』の使い方とレベル

[注意]松濤舎のメイン教材ではありません。

基礎英語長文問題精講 改訂版
中原 道喜
旺文社
売り上げランキング: 4,073

 

【決定版】英語の勉強方法と年間スケジュール

難関大学受験生向けに、英語の勉強方法と年間スケジュールをまとめました。参考にしてみてください。

英語の勉強方法とスケジュール

『基礎 英語長文問題精講』に関する前提

長文読解において重要なのは、正しい読み方を身につけることと、正しい読み方で多読することの2点です。

本書は、後者の多読用という位置づけにあります。

『基礎 英語長文問題精講』の特徴

構造の複雑な文章が多く含まれる、短い文章を読む

最近の長文問題の傾向は、比較的シンプルな構造の長い文章を読ませ、設問は内容一致問題要約問題が多いです。

一方、本書は構造が複雑な比較的短い英文(300字程度)を読ませ、設問は文法知識を問うものが多いというのが特徴の問題集です。

そのため、本書を使って勉強することで「英語長文=精読」とは思わないように注意すべきです。

5文型による解説がないので読み方に注意

長文読解で必要なのは、S,Vを見つけ、意味のカタマリで文章を読み下していき、複雑な文章は5文型の構造を見抜いて精読する力です。

しかし、本書の解説には5文型による構造解析の載っていません。『イチから鍛える英語長文』で読み方を習得してから、多読用に使用してください。

お金的なコスパは良く、ハンディーでやり込みやすい

類題も合わせると合計90題が掲載されています。

他の長文問題集が1冊に掲載している問題数が12−20題であることを考えると、約5−7冊分の問題数が掲載されていることになります。

1冊にまとまっているほうがやり込みやすいですし、ハンディーサイズなのでやりきった感が感じられるのは大きな特徴です。

ただ、繰り返しにはなりますが、正しい読み方を身につけた人が対象です。

『基礎 英語長文問題精講』で得られること

構造が複雑な文章を、頭から読み下し、多読するトレーニング

『基礎 英語長文問題精講』の問題掲載数

問題:40題

類題:40題

典型例題:10題


基礎英語長文問題精講 改訂版
中原 道喜
旺文社
売り上げランキング: 4,073