【予約受付中】松濤舎の合同説明会(詳細はこちらをクリック)

【決定版】『漢文早覚え速答法[共通テスト対応版]』の使い方とレベル

[推奨]松濤舎の指定問題集です。

 

『漢文早覚え速答法[共通テスト対応版]』に関する前提

漢文対策はこの1冊をやれば、国公立2次対策も足ります

『漢文早覚え速答法[共通テスト対応版]』の特徴

「試験に出る句形と重要漢字だけで作られた漢文」が最大の特徴です。これを暗記すれば、カンニングペーパーを手に入れたも同然。必ず覚えるようにしてください。

『漢文早覚え速答法[共通テスト対応版]』の問題掲載数

問題数
10の”いがよみ”公式10
コレだけ漢字9292

『漢文早覚え速答法[共通テスト対応版]』の使い方

基本句形ひと通り講義を読んだあと問題を解き、テスト形式で確認します。

重要漢字:漢字の読みと意味が答えられるようになるまで読み込む。できるだけテスト形式で勉強してください。

別冊の「センター漢文攻略マニュアル+私大&記述対策」も目を通しておいてください。目を通すだけでOKです。

習得レベル4になったら、あとは具体−抽象の往復学習(過去問演習と本書の復習)を繰り返せばOKです。

『漢文早覚え速答法[共通テスト対応版]』の習得レベル

レベル1:ひと通り読んだ

レベル2:例題、練習問題、入試問題8割以上理解した状態で解ける

レベル3:「コレだけ漢字92」の読みと意味が8割以上答えられる

レベル4:「試験に出る句形と重要漢字だけで作られた漢文」が暗唱できる

『漢文早覚え速答法[パワーアップ版]』との比較

共通テスト試行調査の分析が掲載されています。それ以外は特に変更ありません。