『時代と流れで覚える! 世界史B用語』の使い方とレベル

[推奨]松濤舎の指定問題集です。

時代と流れで覚える! 世界史B用語 (シグマベスト)
相田 知史 小林 勇祐
文英堂
売り上げランキング: 2,181

 

『時代と流れで覚える! 世界史B用語』に関する前提

用語と流れが押さえられる参考書

センター世界史Bは「参考書1冊+過去問」で8割以上取得可能ですが、本書は「参考書」に該当します。

参考書を使う目的は「全体観の把握」「要点の整理」ですが、本書は、網羅的に用語のチェックができるだけでなく、流れも覚えられるので、センター試験(共通テスト)対策としては十分です。教科書は辞書として使用し、本書をメインのインプット教材として使用します。

「はじめに」のサマリー

本書の「はじめに」には以下のようなことが書かれています。

『体系英語長文』「はしがき」より
・センター世界史Bや国公立二次の論述問題で必要な用語を充分に網羅しており、難関私大でも8−9割程度の得点が確保できるよう配慮されている。
・世界史の勉強には2段階の学習が必要
 −インプット :歴史を理解し、歴史用語などの知識を定着させる
 −アウトプット:入試の過去問など実践的な問題を解く

・本書はインプットを行うための参考書であり、短文・空欄補充の形式でまとまった文章を読みながら歴史を理解し、歴史用語を覚えられるように配慮している。

『時代と流れで覚える! 世界史B用語』の特徴

世界史Bは流れを掴むことが重要です。

従来の一問一答型の問題集で細切れの歴史用語の知識を入れても入試問題に対応できないことがありますが、本書は「時代と流れをつかむ」「流れで覚える」というコンテンツを特徴としており、流れの中で知識のインプットができるようになっています。

覚えるべき用語は赤字になっており赤シートも付属しているので、テスト形式で勉強できるようになっています。

左ページは、表、関連する地図・写真などの図解で構成されており、いつどこで何が起きたかを、視覚的に捉えることができます。

右ページは、歴史の流れを一連のまとまった文章で説明してくれています。戦乱の経過など、歴史の流れを細かく把握できるようになっています。

右ページの文章は、まるっと覚えてしまえば東大の2次試験の論述問題でも使えるほど本質を突いた内容になっています。

『時代と流れで覚える! 世界史B用語』の使い方

次の3ステップで勉強します。

STEP1:左ページの「時代と場所をつかむ」を読み、表と地図で時代と場所を掴む。読むだけでは頭に入らないので、全体観をざっくり掴む程度でOKです。問題演習を通して本書に戻ってきたときに、じっくり読むようにしましょう

STEP2:「重要用語チェック」を隠し、テスト形式で用語を頭に入れていく

STEP3:「流れで覚える」の文章を赤シートで隠し、テスト形式で、流れの中で用語を覚える

『時代と流れで覚える! 世界史B用語』の習得レベル

レベル1:ひと通り目を通した

レベル2:「重要用語チェック」5割が答えられる。

レベル3:「重要用語チェック」8割が答えられる。

レベル4:「流れで覚える」5割が答えられる。

レベル5:「流れで覚える」8割が答えられる。

『時代と流れで覚える! 世界史B用語』の次にやること

センター試験への道世界史―問題と解説
山川出版社
売り上げランキング: 11,715

 

次は『センター試験への道 世界史』で、問題演習&過去問演習を行います。

センター試験は良問揃いなので過去問演習を通して学ぶことが多いのですが、知識の整理と体系化は学習者自身に委ねられるという点で、単なる過去問演習は学習効率が悪いです。

その点『センター試験への道 世界史』は、2000年以降のセンター試験本試験・追試験の過去問を小問レベルで分割・再構成されている上に、わかりやすい解説も載せています。つまり、網羅的な問題演習と該当分野の知識の体系化の両方を実現することが可能です。

なお、センター試験本番では過去問と同じ問題は出題されないので、問題を解いたら『時代と流れで覚える! 世界史B用語』に戻り、知識の体系化と周辺知識のチェックをしてください

 『センター試験への道 世界史』の使い方は、下記に詳細を載せています。

『センター試験への道 世界史』の使い方とレベル 『センター試験への道 世界史』の使い方とレベル
時代と流れで覚える! 世界史B用語 (シグマベスト)
相田 知史 小林 勇祐
文英堂
売り上げランキング: 2,181