【予約受付中】松濤舎の入塾相談会(詳細はこちらをクリック)

【決定版】共通テスト政治経済で9割取る対策

共通テストの政治経済の特徴(正式発表)

共通テスト政治経済の「問題作成の方針」には下記のような記載がありました。

  • 現代における政治、経済、国際関係等について多面的・多角的に考察する過程を重視する。
  • 現代における政治、経済、国際関係等の客観的な理解を基礎として、文章や資料を的確に読み解きながら、政治や経済の基本的な概念や理論等を活用して考察する力を求める。
  • 問題の作成に当たっては、各種統計など、多様な資料を用いて、様々な立場から考察する問題などを含めて検討する。

要は、資料やデータを読み解き考察する問題が増えるということです。もともとセンター試験でも同様の問題は出題されていましたが、その割合が増える予想です。

共通テストの政治経済の配点(正式発表)

センター試験と変わりがないため、特に気にする点はありません。

  • 配点:100点

共通テストの政治経済の解答時間(正式発表)

センター試験と変わりがないため、特に気にする点はありません。

  • 解答時間:60分

共通テストの政治経済の解答方法(正式発表)

センター試験と変わりがないため、特に気にする点はありません。

  • 解答方法:全問マーク式

共通テストの政治経済の大問数(正式発表)

  • 大問4題

センター試験と同じ4題でした。問題数自体は減ったものの、問題冊子のページ数は3割ほど増えました。

共通テストの政治経済の問題設定(正式発表)

資料の読み込み量は増えましたが、出題形式自体はセンター試験とほぼ同じと考えてOKです。他科目でも見られるようになった具体的な場面を想定した問題設定がありました。

しかし、多くはセンター試験で見られた形式(あるいはその変形)であるといえます。

共通テストの政治経済の難易度(試行調査とセンター試験の比較)

試験得点率
第2回試行調査49.29%
センター試験本試験(過去5年の平均)57.87%

もともと試行調査は平均正答率50%になるよう調整されていたため、想定通りの難易度だったと思われます。ただし、本番では正答率60%となるよう少々易化すると予想されます。

共通テストの政治経済対策

教科書+参考書+過去問演習メインで

共通テスト対策はとにかく教科書がすべてなので、教科書をメインにしながら参考書もセットで使うと頭に残りやすくなります。共通テスト用の参考書がなくても、センター試験用参考書で代用OKです。

教科書+参考書でインプットをしたら、センター試験の過去問を何年か分やりアウトプットを通して知識を入れていってください。「共通テストへの道」は分野ごとにまとまっている上に解説がすぐ近くにあって使いやすいためオススメです。

共通テスト模試、予想問題集も

共通テスト模試、予想問題集も必ずやるようにしましょう。