【予約受付中】松濤舎の入塾相談会(詳細はこちらをクリック)

【決定版】共通テスト国語で9割取る対策

共通テストの国語の特徴(正式発表)

「問題作成の方針」の中で、知っておくべきものは下記となります。

  • 「実用的な文章」が出題される可能性がある
  • 「言語活動の過程を重視」される(例:センター試験でも出題されたディベート形式の設問など)
  • 「異なる種類や分野の文章などを組み合わせた、複数の題材による問題」が出題される可能性がある

参考:大学入試センター|大学入学共通テスト
https://www.dnc.ac.jp/kyotsu/index.html

共通テストの国語の配点(正式発表)

センター試験と変わりがないため、特に気にする点はありません。

  • 配点:現代文100点、古文50点、漢文50点

共通テストの国語の試験時間(正式発表)

センター試験と変わりがないため、特に気にする点はありません。

  • 試験時間:80分

共通テストの国語の回答方式

センター試験と変わりがないため、特に気にする点はありません。

  • 回答方式:マーク式のみ(記述問題の導入は見送り)

共通テストの国語の大問構成(正式発表)

センター試験と変わりがないため、特に気にする点はありません。

  • 大問構成:現代文2題、古文1題、漢文1題

共通テストの国語の特徴(試行調査とセンター試験の比較)

正式発表された確定情報とは別に、2回行われた試行調査をもとにした予想が下記となります。試行調査で実施されたテストは必ずしもその形式で出題されるとは限らないため、正式発表された確定情報とは分けて考えなければなりません。

  • 文章のみならず、表、図、新聞記事などの資料を使う問題が出題される可能性が高い

共通テストの国語の正答率(試行調査からとセンター試験の比較)

センター試験は正答率6割になるよう難易度調整されています。第2回試行調査は正答率5割になるよう調整して作られたテストだったのですが、大きく点数に乖離はなかったため、試行調査と同じような形式・難易度の問題が出題されると考えておくとよいでしょう。

試験得点
2020年度センター試験119.33点
第1回試行調査(配点なし)
第2回試行調査90.81点

共通テストの国語の問題分量(試行調査からとセンター試験の比較)

センター試験とほぼ同じでした。

試験項目設問数
2020年度センター試験評論文6
小説6
古文6
漢文6
第1回試行調査評論文6
小説6
古文5
漢文5
第2回試行調査評論文5
小説5
古文6
漢文7

共通テストの国語対策

センター対策と同じでOK(読み方指南系+過去問)

試行調査の得点率からして、共通テストに変わるからといって極端に難易度が上がるわけではなさそうです。現代文は読み方指南系の問題集(参考書)を一冊やったらセンター試験の過去問を解けばよいでしょう。

古文も、古文単語と文法問題集を1冊ずつ仕上げたらセンター試験の過去問に入ります。和歌は出題されやすいので、単語帳に載っている和歌の関連知識には目を通しておきましょう。

漢文も、1冊参考書を読んだらセンター過去問に入って演習積みましょう。

共通テストの国語|予想問題集

Z会の共通テスト実戦模試を使うことをオススメします(下記詳細)