【予約受付中】松濤舎の入塾相談会(詳細はこちらをクリック)

【決定版】『実戦編 英作文のトレーニング』の使い方とレベル

実戦編 英作文のトレーニング 改訂版
Z会 (2017-07-12)
売り上げランキング: 16,734

 

【決定版】英語の勉強方法と年間スケジュール

難関大受験生向けに、英語の勉強方法と年間スケジュールをまとめました。参考にしてみてください。

英語の勉強方法とスケジュール

『実践編 英作文のトレーニング』の前にやること

システム英単語 (駿台受験シリーズ)
刀祢 雅彦 霜 康司
駿台文庫
売り上げランキング: 281

 

【決定版】『システム英単語』の使い方とレベル

総合英語FACTBOOKこれからの英文法
大西 泰斗 ポール・マクベイ
桐原書店
売り上げランキング: 110,127

 

【決定版】『英文法・語法 Vintage』の使い方とレベル

『実戦編 英作文のトレーニング』ではまず、別冊の暗唱例文集を使って徹底的に構文暗記をします。

構文暗記に必要なのは『システム英単語』レベルの語彙量と、『英文法・語法 Vintage』の文法・語法の章が半分ほど解けるだけの文法知識です。まずはこの2冊を終わらせてから入りましょう。

特に、文法知識が入っていないと頭に残りにくいです。

『実践編 英作文のトレーニング』の特徴

『実践編 英作文のトレーニング』の暗唱例文集が秀逸

「別冊付録 暗唱例文集」には、覚えておくべき例文が300載っています。例文集と英作文の作り方が両方掲載されているオールインワンの優れた問題集です。

『実践編 英作文のトレーニング』には和文英訳を作るステップが明確に掲載されている

本冊子は、実際に英作文を書くときの流れに沿って構成されています。つまり、「分解」→「まとめ」→「洗練」の3ステップで勉強できるようになっています。模試や入試で英作文を書くときも、この流れに沿って書きましょう。

英作文はいくらでも難しく書くことができます。つまり、いくらでも難しい単語・文法を使って表現できるので、まずは「合格点がもらえるボーダーライン」を押さえることが、英作文の力を着実につけるコツです。本書には「高校生の知っている知識で書ける、合格点がもらえる解答」である「合格解答」が載っており、もっとも簡単な表現を学ぶことができるようになっており、これが本書の最大の特徴となっています。「合格解答」が書けるようになったら英作文対策としてはひとまず完了と考えてOKです。

「合格解答」に、ネイティブの視点を取り入れてより自然な表現にした「洗練解答」も載っています。英語は言語であるので、「洗練解答」を通して英語という言語の”ニュアンス”を掴んでいただけたらと思います。ただし「洗練解答」まで習得するかは、全教科のバランスを見て個別に判断します。

英作文の問題で問われるのは、英語特有の発想が習得できていないと書けない表現です。つまり、日本語をそのまま英語に置き換えただけではNGな問題がほとんどです。普段からここに気をつけて勉強する(=出題者はなぜこの表現を問うているのか?を気にしながら勉強する)と、求められる表現に対してジャストミートした答案を作れるようになります。

『実践編 英作文のトレーニング』の使い方

[別冊付録]暗唱例文集のプリントアウト

『実践編 英作文のトレーニング』を購入したら、まずは[別冊付録]暗唱例文集をプリントアウトして、トイレや机に貼りましょう。日常生活を通して多く目にすることで勝手に覚えられるからです。これは早く勉強を始めた人の特権です。壁学習して時間を味方につけましょう。

【決定版】壁学習は、時間を味方につける究極の勉強法

[別冊付録]暗唱例文集の書き出し(1周目)

1周目は、左ページの日本語のどこが、右ページの太字に該当するかだけは覚えようとしてください。一番良くないのは、1周目から一文まるごと覚えようとして2周目以降に何も残っていない状態になることです。

例えば、No.157は、和文が「彼女の言ったことは全部嘘だと、ふと思った」で、英文が「It occurred to me that what she had said was an absolute lie.」ですが、1周目は「ふと思った」という日本語部分を英訳することがポイントである、ということを頭に残そうとしましょう。

可能なら、1周目から太字部分の表現だけは覚えようとしてください。すると記憶の核ができます。ここに他の部分を付け足していくのが効率的に記憶法です。太字を優先的に覚えようとして細字は2周目以降に回す、という強弱を付けた暗記がポイントです。

[別冊付録]暗唱例文集の書き出し(2周目以降)

2周目では「日本語のこの部分がポイントだった」ということと、可能なら「その部分を英語ではこう表現できる」というのが思い出せたら万々歳です。細字部分は覚えていなくても全く問題ありません。

ただし、1周目から英文すべてを書き出す練習はしてください。左ページの日本語を見て、頭の中で瞬時に英訳できるか確認をします。できなければ英文を確認し、頭の中で英訳できたら英文を書き出します。1文1回書き出したら、次の文章に移り、1〜4を同様に進めましょう。

本冊子に入る

「別冊付録 暗唱例文集」の英文が8割自力で書けるようになったら、例題を見たあと自分で答案が作れるか試してみます(5分以内に作ることを目標)。できなければ解説を読み、どのように考えたら答えを導けるのか学びます。

その際、「分解」→「まとめ」→「洗練」の構成を意識すること。実際に自分で英作文を作るときもこのプロセスを経てください。

本書に登場した知らない単語/熟語は必ず覚えるようにしましょう。

『実践編 英作文のトレーニング』で構造不明な英文の対処法

「別冊付録 暗唱例文集」には、例えば「Such is the pleasure you give that you cannot come too often」という英文がありますが、構造が少し複雑です。

こういった英文があったら、使っている文法書 or 文法問題集の索引で調べましょう。『英文法・語法 Vintage』で「Such」を調べると、「Such is S that…」が見つかります。該当の問題と解説を見ると、この構文の正体がわかります。

一定レベルの文法知識がなければ英文暗記は学習効率が低くなってしまいます。文法問題集の文法・語法セクションが5割ほど解ける状態になってから入るようにしましょう。

『実践編 英作文のトレーニング』の問題掲載数

本冊子:70題(和文英訳:65題、自由英作文:5題

別冊付録 暗唱例文集:300例文

『実践編 英作文のトレーニング』の習得レベル

レベル1:「別冊付録 暗唱例文集」例文の5割を、手で書いて英訳できる

レベル2:「別冊付録 暗唱例文集」例文の8割を、手で書いて英訳できる

レベル3:「標準編」80%以上の例文で「合格解答」が5分以内に作れる

レベル4:「上級編」80%以上の例文で「合格解答」が5分以内に作れる

※「洗練解答」までは求めません。ただし、使える表現や考え方は積極的に身につける姿勢で使用しましょう。

『実践編 英作文のトレーニング』使用時にお勧めの無料添削サービス

全英文を添削してもらうのは効率が悪いですが、節々で使うとよいでしょう。


実戦編 英作文のトレーニング 改訂版
Z会 (2017-07-12)
売り上げランキング: 16,734