『宇宙一わかりやすい高校生物 生物基礎』の使い方とレベル

[推奨]松濤舎の指定問題集です。

宇宙一わかりやすい高校生物(生物基礎)
船登惟希
学研プラス
売り上げランキング: 73,279

 

【決定版】生物の勉強方法と年間スケジュール

難関大学受験生向けに、生物の勉強方法と年間スケジュールをまとめました。参考にしてみてください。

生物の勉強方法と年間スケジュール

『宇宙一わかりやすい高校生物 生物基礎』の特徴

学研から出版されている「宇宙一シリーズ」の生物基礎編です。なお、生物(発展科目)は未発売です。

左ページがテキスト、右ページがその図解となっており、センター試験(共通テスト)対策として本書1冊をやったら過去問演習をして終わりにできます。

ひと通り基礎をさらうため、または、問題演習中に辞書として、使用することができます。

本書を使用し、センター過去問を5年分やれば9割は取れます。

『宇宙一わかりやすい高校生物 生物基礎』の使い方

まずはひと通り本書を読み、「ここまでやったら別冊P◯へ」と表記があったらその都度別冊問題集で問題を解きます。ひと通り基礎を固めたら、

  • 学校指定問題集(定期テスト対策として使用する人向け)
  • センター試験過去問(センター試験・共通テスト対策として使用する人向け)

と併用し、辞書として使いましょう。

『宇宙一わかりやすい高校生物 生物基礎』の習得レベル

レベル1:参考書部分を一読した

レベル2:別冊問題の50%で、解説を見ずに解答と同じ答案が手を止めずに作れる

レベル3:別冊問題の80%で、解説を見ずに解答と同じ答案が手を止めずに作れる

『宇宙一わかりやすい高校生物 生物基礎』の問題掲載数

問題数
1 生物の特徴8
2 エネルギーの利用5
3 遺伝情報(DNA)8
4 環境変化への対応12
5 生物の多様性と生態系8

『宇宙一わかりやすい高校生物 生物基礎』の次にやること

  • 定期テスト対策 :学校指定問題集
  • センター試験対策:センター試験過去問

をやればOKです。

生物基礎を選択する人は、総合得点に対する生物基礎の得点占有率は低いはずです。追加で問題集を買ったりやったりするのは非効率です。


宇宙一わかりやすい高校生物(生物基礎)
船登惟希
学研プラス
売り上げランキング: 73,279