Warning: file_get_contents(/home/gooosebumps/shotosha.com/public_html/wp-content/plugins/ninja-forms/blocks/form/block.json): failed to open stream: No such file or directory in /home/gooosebumps/shotosha.com/public_html/wp-content/plugins/ninja-forms/blocks/bootstrap.php on line 12
【決定版】『一問一答 日本史B ターゲット4000』の使い方とレベル | 松濤舎−難関大専門・問題演習中心の塾
【予約受付中】松濤舎の合同説明会(詳細はこちらをクリック)

【決定版】『一問一答 日本史B ターゲット4000』の使い方とレベル

一問一答 日本史Bターゲット4000 改訂版
石川 晶康
旺文社
売り上げランキング: 15,914

 

『一問一答 日本史B ターゲット4000』の特徴

  • 本書は大きく3つの章から構成されています。レベル別に、「教科書復習レベル:基本」「中堅私大・センターレベル:標準」「難関大レベル:応用」で分かれています。まずは知識の骨子を身につけたあと、細かい知識を付加していけるようになっています。これが本書の最大の特徴ですが、使い勝手に関しては意見が分かれるでしょう。
  • 索引では各用語に「基」「標」「応」「テ」と、それぞれの用語のレベルがわかるようになっているので、辞書的に使用する際、その用語の重要度がすぐにわかるようになっています。
  • 左ページは左端、右ページは右端に答えが載っているので、紙を折り曲げれば赤シートを使わずにテスト形式で勉強することができます。
  • 「テーマ史」も独立して掲載されています。

『一問一答 日本史B ターゲット4000』の使い方

  • まずは「教科書復習レベル 基本の1,430問」を通しで、問題形式で解いていきます。知識の骨子を作ることを目的にしています。
  • 続いて「中堅私大・センターレベル 標準の1,530問」を通しで、問題形式で解いていきます。史料文を用いた問題、地図や図版の問題を含んでいます。
  • 受験校によってはその後、「難関大レベル 応用の1,040問」に入ります。こちらも通しで、問題形式で解いていきます。

『日本史B一問一答【完全版】(東進ブックス)』との比較

 

『日本史B一問一答【完全版】(東進ブックス)』とどちらを購入したらよいか迷われている方も多いと思います。

結論としては『日本史B一問一答【完全版】(東進ブックス)』がお薦めです。

掲載数について

『日本史B一問一答【完全版】』は、問いの数では一般私大レベルで2,874問、難関私大レベルまでで4,068問掲載されています。

一方、『一問一答 日本史B ターゲット4000(旺文社)』は、合計4,000問です。

よって、実は『一問一答 日本史B ターゲット4000』と『日本史B一問一答【完全版】』は、ほぼ同じ掲載数であるのです。

使い勝手について

『一問一答 日本史B ターゲット4000』は

  • 教科書復習レベル:基本
  • 中堅私大・センターレベル:標準
  • 難関大レベル:応用

でページが分かれていますが、難易度によってページ時代が分断されてしまうのは少々使い勝手が悪く、『日本史B一問一答【完全版】』に軍配が上がるかなというところです。

『一問一答 日本史B ターゲット4000』の習得レベル

レベル1ひと通り解いた

レベル2教科書復習レベル50%以上を、テスト形式で答えられる。

レベル3教科書復習レベル80%以上を、テスト形式で答えられる。

レベル4中堅私大・センターレベル50%以上を、テスト形式で答えられる。

レベル5中堅私大・センターレベル80%以上を、テスト形式で答えられる。

レベル6難関大レベル50%以上を、テスト形式で答えられる。

レベル7難関大レベル80%以上を、テスト形式で答えられる。

『一問一答 日本史B ターゲット4000』の目次

章区切り

  • 1章:原始・古代
  • 2章:中世
  • 3章:近世
  • 4章:近代①
  • 5章:近代②
  • 6章:現代

レベル区切り

  • 教科書復習レベル:基本の1,430問
  • 中堅私大・センターレベル:標準の1,530問
  • 特別編:テーマ史 一問一答)
  • 難関大レベル:応用の1,040問

一問一答 日本史Bターゲット4000 改訂版
石川 晶康
旺文社
売り上げランキング: 15,914