【予約受付中】松濤舎の入塾相談会(詳細はこちらをクリック)

【決定版】『蔭山の共通テスト現代社会』の使い方とレベル

[推奨]松濤舎の指定問題集です。

『蔭山の共通テスト現代社会』の対象

『蔭山の共通テスト現代社会』の対象は、共通テストで「現代社会」を受験する人です。

『蔭山の共通テスト現代社会』の特徴

本書は、市販されている共通テスト対策専用の現代社会の参考書の中で、もっともわかりやすいと言えるでしょう。

先生と生徒の会話形式で進んでいますが、その展開が自然であるため頭にすっと入ってきます。

問題演習量は本書では足りませんが、もともと過去問と並行してインプットしていく用であるため、この点は特に問題ありません。内容も削りすぎていないので辞書としても使用できます。

『蔭山の共通テスト現代社会』の使い方

『蔭山の共通テスト現代社会』の受験生向け使用法

1周通読する

すでに全範囲習い終わっている前提ですが、まずは全体を1周通読しましょう。これは全体のボリュームを掴むために行うものなので、暗記しようとする必要はありません。「チェック問題」も解いていくと、実際にどのような問題が出題されるかイメージしながら進めることができてよいです。

センター過去問を解く

通読が完了したら、センター過去問を解いてください。ただし、一問ずつ解いたら本書『蔭山の共通テスト現代社会』の該当箇所に戻りインプットしましょう。

センター過去問を解く際は『センター試験への道』を使うと、すぐ横に答えが載っていて使いやすいです。

【決定版】『センター試験への道 現代社会』の使い方とレベル

なお、現代社会だけでなく社会の共通テストは(センター試験対策もそうでしたが)、過去問によるアウトプットからのインプットが最効率です。

模試の復習

模試の復習にも本書を使いましょう。模試を通して得た知識は本書『蔭山の共通テスト現代社会』に集約していってください。

『蔭山の共通テスト現代社会』の高1,2生向け使用法

学校の予習、授業中の補助教材、宿題を解くための辞書として使用していきましょう。高1,2時点ですでに選択科目を「現代社会」に決めている人は早めに購入しておくと、すべての知識が本書にまとまるのでよいです。

受験生になったら先述の通りの方法で進めましょう。

『蔭山の共通テスト現代社会』の併用問題集

センター試験への道現代社会―問題と解説
山川出版社
売り上げランキング: 156,922

 

先述の通り、『センター試験への道 現代社会』と併用して進めます。

【決定版】『センター試験への道 現代社会』の使い方とレベル

『蔭山の共通テスト現代社会』の注意点

特にありません。

『蔭山の共通テスト現代社会』の習得レベル

レベル1:ひと通り読んだ

※参考書なので習得レベルは1段階のみとなります。

『蔭山の共通テスト現代社会』の目次

内容
第1講政治分野
第2講経済分野
第3講社会・倫理分野
第4講時事問題