【予約受付中】松濤舎の入塾相談会(詳細はこちらをクリック)

【決定版】『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』の使い方とレベル

 

『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』の特徴

まずは本書には「年号がまったく登場しない」という特徴がありますが、その結果受験対策としては使いにくくなっています。

また、扱っている内容は「広く薄く」で、世界史自体に興味を持ってもらったり、全体の概要を掴むには良いかもしれませんが、大学受験対策用の参考書としては足りません。

本書はあくまでも一般人向けの教養本の域を超えず、大学受験用参考書としては推奨できません。

ちなみに、日本史Bでも『金谷の日本史 「なぜ」と「流れ」がわかる本』も同じようなポジションにある参考書です。参考書自体はわかりやすく良書であるものの授業補助や定期テスト対策の域を超えないため「帯に短し襷に長し」状態となってしまいます。

『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』の使い方

使用場面があるとすれば、学校の授業補助として予習・授業中・復習時に使うといった感じになります。

地域ごとに分けて解説している点は頭の整理につながるので、持っておいて損はないと思いますが、メインに使う参考書ではありません。

『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』の上位互換本

私立・国公立大学の個別試験で世界史Bが必要なのであれば『ナビゲーター世界史B』がオススメです。『ナビゲーター世界史B』であれば内容もわかりやすく、網羅性も高いからです。

東大・一橋志望であれば『荒巻の新世界史の見取り図』を購入しましょう。