受験生にお薦めの食事

血糖値を急激に上げずに糖分を摂取する

脳はブドウ糖を消費して活動します。ブドウ糖は炭水化物や糖分などを分解して作られますので、何らかの形で炭水化物を摂取する必要があります。

しかし、白いご飯やうどん、砂糖といった、精白された炭水化物(=白い炭水化物)を摂取すると、血糖値が急激に上昇します。体がこれを感知すると、インスリンが大量に分泌し、血糖値が急激に下がります。

この血糖値の急激な低下が、食後の眠気や気だるさ、集中力低下の原因です。結果的に学習意欲の低下につながります。

白い炭水化物から、茶色い炭水化物(玄米・蕎麦等)へ

では、急激な血糖値の上昇を押さえながら炭水化物を摂取するにはどうしたらよいでしょうか。それは、白い炭水化物を、茶色い炭水化物に変えることです。

茶色い炭水化物とは、玄米蕎麦大麦全粒粉の小麦粉などを指します。

玄米は、糠や胚芽を残したままのお米のことで、炭水化物の吸収が遅く、血糖値の急激な上下動を避けることができます。

模試や試験当日も、砂糖の入った甘いものを摂取し血糖値の急激な低下を起こすとパフォーマンスに影響が出ます。果物、野菜、はちみつ、豆類、ナッツ、全粒穀物など、血糖値の急激な上昇につながらない食物を摂取するようにしましょう。普段から食後のパフォーマンスに気を配り、自分にとって最適な食事を見つけるようにするとよいでしょう。

食後の眠気、気だるさを一切感じなくなる

食後の気だるさや眠気、集中力の低下は、自己肯定感や自己コントロール感の低下につながります。

無駄なことに気を揉まず、やるべきことを淡々とできるよう、白い炭水化物はできるだけ避けましょう

食事を見直すだけで、学習状況は改善できます。

参考図書

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事
津川 友介
東洋経済新報社
売り上げランキング: 3,612