【完全保存版】満点取得のためのケアレスミス対策

ケアレスミスの定義

採点するまでに気づけなかった間違いは、すべてケアレスミスとしてください。

ケアレスミス対策は高難度であり、難関大学受験生にとっては必須スキルであるという認識を持つ

一般的にケアレスミスは軽視されがちです。

しかし、センター試験は9割を超えるといかにミスを減らすかの勝負になりますし、個別試験であったとしても最初の問題でケアレスミスをしてしまったら芋づる式に失点してします。

「ケアレスミスは軽視されがちだが、対策は高難度である」ということを知っているだけで、まずは大きなアドバンテージになるでしょう。

ケアレスミス対策は本番の精神安定剤となる

ケアレスミス対策を十分したという事実が、入試本番での精神的な支えとなります。ケアレスミス対策をしてこなかった人が抱える漠然とした不安が心の乱れとなり、十分なパフォーマンスを発揮することができなくなります。

なお、パフォーマンスとは持っている学力をどれだけ当日発揮するかを意味する因数です。合格可能性=学力×パフォーマンスと表わすことができ、パフォーマンスが1に近いほど学力をフルに発揮できることを意味します。

ケアレスミスは意識的に対処しなければなおらない

ケアレスミスは意識的に対策しなければ治りません。

例えば、センター試験でケアレスミスをしてしまうからといって、何年分もの過去問をただ大量にやることは超非効率ですので絶対にやめてください。

勉強全般に言えることですが、無意識な学習によって効率的に知識が身につくことはありません。英単語の不随意学習でもそうですが、意識的に学習したほうが、無意識に学習するよりも圧倒的に効率的です。

【完全保存版】英単語の超効率的な覚え方 【完全保存版】英単語の超効率的な覚え方

ケアレスミスの矯正は長期に及ぶと認識する

ケアレスミスを直すには時間を要するという認識を持っておきましょう。ケアレスミス対策を途中で辞めてしまう人の多くは、ケアレスミス対策は短期的に完了するという間違った信念を持っているからです。

ケアレスミス対策は入試本番までかかる、という意識でいてください。

ケアレスミスの原因は性格でもセンスでもなく知識

「ケアレスミスをするのはおっちょこちょいでガサツな性格だから」と考える人がいますが、それは間違っています

ケアレスミスするのは、ケアレスミスに関する知識が足りないからです。自分がどんなときにどんなミスをするかという、自分自身に関する知識です。

  • どんな問題のときにミスしやすいか?
  • どんなシチュエーションのときにミスしやすいか?
  • どんなミスをしやすいか?

といった知識が足りていないのです。

学力の足りない人ほど、ケアレスミスをする

そもそも学力が足りない人ほど、ケアレスミスしやすいです。ケアレスミスに焦点を当てつつ、そもそもの学力が低くはないかも意識するようにしましょう。

ただし、少し矛盾するようですが、「学力が足りないからケアレスミスしてしまう」といって、ケアレスミス対策を先延ばしにするのはNGです。

学力向上とは別に、ケアレスミス対策も行うようにしてください。

ケアレスミスノートを作り、ノウハウを蓄積せよ

原因と対策をノートにメモ

ケアレスミスをしたら、すべて専用ノートに記録しておくようにしてください。具体的な対策も記入しておくようにしましょう。

飛び道具はありません。すべてメモしておいてください。これが本番の自信に繋がります。

一般化を行う

模試のタイミングで、ケアレスミスノートを整理しましょう。その際、ケアレスミスの原因と対策の抽象度を上げ、整理します。

同じ過ちを繰り返さないことがパフォーマンスを着実に上げます。

自分にとってのケアレスミス知識を増やし、対策していってください。