>>[無料]個別相談会、実施中!(詳細はこちら)

【共通テスト対策】直前期〜当日の心構えと注意点

1. 「練習通りにやればいい」の状態になっているか?

入試当日は練習通りにやればいいという精神状態になっていることが理想です。結果ではなく過程に集中するということです。結果は制御できませんが、過程はコントロールできます。

本番ではいかに練習通り遂行し、再現性を高めるかだけを考えましょう。そのためには、練習時にどう解いてくるかを明確にすること。改めて解き方のポイントを振り返り、どう解いたら目標下限得点を上回るか、確認しましょう。例えば、

  • 大問1,2は20分で終わらせ、大問3,4はそれぞれ15分で解く。
  • わからない問題があったらすぐに飛ばし、わかる問題をすべて解いて、気持ちを落ち着かせる。
  • 小問単位でマークする。マークがずれてないかの確認を、大問が終わったタイミングで行う。

などです。逆に、練習でやったことのないことを本番でやることは絶対にしないでください。解き方が固まっていないのであれば演習を追加し、解き方の再確認をしましょう。

2. 時間がかかりそうな問題はとにかく飛ばす

時間がかかりそうな問題があったら、とにかく素早く飛ばしましょう。私自身、数学はどちらも45分ほどで解き終わり満点でしたが、それでも大問1つをいったん飛ばした記憶があります。少しでも手が止まると後の問題に影響しそうで怖かったからです。解けない問題がいくつかあったとしてもまったく問題ありません。1つの問題でスタックして、後の他の問題に影響するほうがよくないのです

また、うまくいかなかった科目があっても気にしないでください。他の科目で取り返そうとすることは絶対にやめましょう。解けたか解けなかったかはアンコントローラブルな結果でしかありません。皆さんはとにかく練習通りにやってくるという過程にだけ集中してください。

結果は気にせず、淡々と練習通りに遂行。これを手帳やノートに書いておき、緊張しそうになったら見るようにしましょう。

3.試験2日目が終わるまでは殻に閉じこもる

共通テスト2日間は、外部からの情報をすべてシャットダウンしてください。試験後や帰りの電車にいろいろな声が聞こえてくるかもしれませんが、完全に情報を遮断し、次のことだけを考えるようにしましょう。ネットを見るのはもってのほかです。一緒に勉強してきた仲間とのコミュニケーションも推奨しません、自分だけうまくいっていなかった場合のダメージは膨大です。とにかく殻に閉じこもり、次の試験のこと(過程)に集中してください。

4.ライバルは試験会場にいない

共通テストの受験会場に、同じ大学を受験する人はほぼいません。なので、周りを意識したり過度にライバル視してもまったく意味がありません。遠くの会場で淡々と試験を受けている人が、最終的に総合点を競い合うライバルです。周囲を気にせず、淡々と答案用紙に知識を置いてきましょう。

5. 実績ある問題集を徹底してきたという事実

皆さんが取り組んできた問題集はどれも実績のある網羅系問題集です。試験会場では周りが賢そうに見えるかもしれませんが、これらを徹底的にやりこんできた人は、受験会場に1%もいません。圧倒的な自信をもって本番に臨んでください。そして、網羅系問題集をやりこんでも解けない問題は、他の人も解けない問題です。安心して捨て、飛ばしてください。

6. 持っている知識をすべて置いてくる感覚で

持っている知識をすべて答案用紙に置いてきましょう知識を100%置いてきたら、あとはその答案をどう評価してもらうかは天に任せる感覚です。解けない問題で止まったりして、持っている知識の一部しか答案用紙に置いて来れないのが一番悔いが残ります。わからない問題はすぐ飛ばすなど練習通りに解いてくることをとにかく心がけましょう。

7.やりこんだ問題集を1冊持っていく

試験会場では、頼りになるのは自分の知識だけ、支えてくれるのは努力をしてきた過去の自分だけ、という感覚になります。そんなとき、努力してきた物理的な証があると安心します。各教科やりこんだ問題集を1冊ずつは持っていきましょう

何かあればいつでもご連絡を

当日困ったこと、心を乱してしまったことがあって相談したいことがあればいつでもご連絡ください。共通テスト1日目、2日目は常に連絡がつく状態にしています。